「eスポーツ」の存在をご存知ですか?eスポーツとはゲームでありゲームがスポーツと言われる時代に突入!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スポーツと言えば、サッカーや野球、テニス、柔道などの体を動かす競技を思い浮かべると思います。

しかし、将棋やチェス、囲碁などのことをマインドスポーツと呼び、知能を使うスポーツだと呼ばれることもあるのです。

そして、近年では、コンピュータゲームやテレビゲームといった物が「エレクトリック・スポーツ(eスポーツ)」と言われるようになったのです。

だから、体を動かす競技だけがスポーツではないのですね。

〇そもそもスポーツとは一体なんなの?

日本でスポーツと言えば、競技のことを指す言葉となっていますが、スポーツとは、ルールにそって行う物のことを言います。

だから、運動以外もルールがあるものであれば、多く物はスポーツと言えますし、娯楽であってもスポーツになります。

つまり、将棋もルールがあるのでスポーツですし、ゲームにもルールがあるので、スポーツと言えるのですね。

日本人は、体を動かす物をスポーツとして捉えているので、将棋や囲碁、ゲームなどがスポーツと思っている人は少数ですが、海外では、マインドスポーツや、eスポーツもスポーツと捉えられていることが多いようです。

日本でも、スポーツの定義が変化していき、一般的にゲームなどもスポーツと言われる時代になってきているのです。

そして、スポーツと言えば、プロスポーツ選手を思い浮かべる方も多いと思いますが、eスポーツにもプロが存在しますし、賞金がんもらえる大会も存在しているのです。

〇eスポーツは賞金がもらえる大会が存在する!

eスポーツは、基本、ゲームの中でも複数のプレイヤーで行える対戦ゲームの総称になります。

友達などを誘って、一つの画面で対戦ゲームを行うこともあると思いますが、近年では、インターネットの普及により、違う場所にいても一緒に遊べるゲームが増えているので、インターネットを利用して、eスポーツを行う人も増えてきています。

また、eスポーツは、ただ遊んで楽しむだけでなく、賞金のかかった大会も存在しているのです。

eスポーツの大会は、世界のいろいろの場所で開かれており、大規模な大会になると、賞金金額が1億円を超えることもあります。

日本にも、eスポーツの大会に参加して、生活している人は存在しており、年収が1000万円を超えているプロの方もいるのです。

ただし、eスポーツの世界も実力が重要になってくるので、あまり稼げてない人は、プロではありません。

そして、日本は、海外に比べて、eスポーツが盛んではなく、日本国内の大会が少ないのです。

だから、日本でeスポーツのプロになろうとすれば、海外の大会に参加する必要がありますので、渡航費などもかかるので大変な職業になります。

しかし、有名なeスポーツのプロになれば、賞金だけではなく、スポンサー契約などにより、大きく稼げる可能性のあるのですね。

もっと、日本でもeスポーツが流行ってくれば、プロゲーマーが増えてくるかもしれませんね。

かなり厳しい世界ではあるようですが、ゲームが好きで得意だという人は、プロゲーマーを目指してみるのも良いかもしれません。

ただし、eスポーツのプロとして生活できるのは、他のプロと同じようにほんの一握りの方だけですけど・・。

そして、eスポーツは、自分がして楽しむだけではなく、他のスポーツと同様に観戦して楽しむこともできます。

〇eスポーツは観戦して楽しむこともできる!

eスポーツは、ゲームをして楽しむだけのスポーツではなく、サッカーや野球などと同様に、ゲームを観戦して楽しむ娯楽でもあるのです。

日本では大会が少ないので、eスポーツを観戦して楽しむことが少ないですが、海外では大会の映像が中継されてテレビなどで観戦する場合や、競技会場でeスポーツの観戦を楽しむ場合もあるようです。

eスポーツは、億を超える賞金が出る大会があることからもわかるように、海外では非常に人気があるスポーツなのです。

日本でeスポーツを観戦するのは難しい場合もありますが、インターネットなどで見られるので、興味のある方は、eスポーツを観戦してみてはいかがでしょう。

eスポーツを観戦してみると、意外と面白くてはまってしまうかもしれませんよ。

日本では、まだまだeスポーツをあまり耳にすることはありませんが、これから日本でも流行ってくるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク