ネットの百科事典で知識という武器を身につけてみてはいかが?!知識は最強の武器になる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット事典
解らないことがあったり、知りたい情報があれば、事典で調べると思いますが、事典のなかで最も優れている事典と言えば百科事典ではないでしょうか?

百科事典は、あらゆる分野の知識を集めた、辞典(書籍)のことをいいます。

あらゆる分野ですから、科学や国語、数学、社会などいろいろな分野の情報が集約されているのです。それが百科事典なのです。

しかし、現在では、言葉の多様化や新しい技術など進化が速く、新しく出版された百科事典は、数か月後には古い百科事典になっていると言われているのです。

そのため、書籍である百科事典は、すぐに古い情報になってしまいます。

毎日更新され、毎日情報が増えていくことが望ましいのですが、書籍の場合は、それは難しいですよね。

しかし、そんな百科事典が存在するのがネット上なのです。

ネットの中にある百科事典は、毎日のように新しい情報が追加され、どんどん新しいものへと変わっていくのです。

だから、新しい情報であれば、ネットの百科事典の方がいいということになります。

ネットの百科事典は情報や知識の宝庫なのですよ。

事典

○ネットの百科事典の凄いところ!

・情報が新しい

ネット上の百科事典は、日々更新されているので常に最新の状態です。

・豊富な情報量

ネットの百科事典は、書籍以上に豊富な情報量です。

情報量が多いと言われている広辞苑より、ネットの百科事典の方が情報量が遙かに多いと言われています。

・料金がかかりません

ネットにある百科事典は大抵、無料で公開されていますので、料金がかからずに、百科事典を読むことができます

百科事典

☆知識は最強の武器になる?!

ネットの百科事典を利用したくなるような、知識を身につけることのメリットやデメリットについて少し説明してみますね。

知識があれば、コミュニケーションに役立ちます。知識が多ければ、話の幅が広がりますし、

豊富な話題を提供できるようになりますよね。

そして、仕事にも多くの知識が役立ちますし、生活する上で知識が多い方が豊かな生活をおくれるのではないでしょうか?

知識は、生きていく上で、とても大切な武器になるとも言えるのです。

しかし、知識を身につけすぎると、人の意見を馬鹿にしたり、知識をひけらかすばかりになって、嫌なヤツだと思われることもあります。

だから「能ある鷹は爪を隠す」という感じで、周りの人のことを考えて身につけた知識をだすように気を付けるべきですね。

知識という武器を身につけるためにも、ネットの百科事典を読んで知識が豊富な人になってみてはいかがでしょう。

では、ネットの百科事典を紹介します。

○ネットの百科事典

・Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

Wikipediaはネットで最も信頼ができる百科事典になります。
ネットの百科事典と言えばここと言われています。
毎日多くの記事が更新されて、日本語の記事が約100万記事存在します。

・ニコニコ大百科

http://dic.nicovideo.jp/

ニコニコ大百科はアニメなどに強い百科事典でWikipediaに無ければ調べる良いでしょう。

・Pixiv百科事典

http://dic.pixiv.net/

キャラクター名などの固有名詞に強い印象あります。

日本で主に使われている百科事典は、この3つでないでしょうか?

〇ネットの百科事典の問題点?

最新の記事が、どんどん更新されていくネット百科事典ですが、問題点もあります。

ネットの百科事典は、多くのボランティアの方によって情報が増えているのです。

ボランティアで記事を作ってくれている方のすべてが専門家ではないため、間違った情報が掲載されることもあると言われています。

だから、ネットの百科事典は、情報量が多くスピードが速い反面、情報の信頼性が書籍などの事典に比べて、低いと言われています。

確実な情報や深く知りたいときは、複数のネットの百科事典で調べたり、書籍なども併用して使った方がいいと思います。

しかし、無料で豊富な情報を集約しているネットの百科事典を活用するメリットはありますよね。

ネットの百科事典で、知識を身につけてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク