パソコンのデータを間違って削除しちゃった!そんなことありませんか?フリーソフトで復元ができるかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ復元
パソコンのデータは、簡単に削除することができます。

だから、ちょっとした間違いでデータを削除してしまうことがあるのです。

パソコンには、ゴミ箱というものがあり普通に削除しただけでは、ゴミ箱から復活させることができます。

しかし、ゴミ箱にデータが溜まりすぎるとパソコンが重くなったりするので、ゴミ箱の中を削除する人も多いと思います。

パソコンのゴミ箱のデータを削除すれば、基本、パソコン上から完全にデータを削除したことになるので、データを復活させることができなくなるのです。

そして、自分でデータを削除しなくても、ハードウェアエラーなどによってデータが消えてしまうこともあります。

そんなときには諦めないで!!

データ復元ソフトを使うことで、成功率は100%ではありませんが、削除したデータを復元することができる場合があります。

データを削除してしまってショック!☆=>=>=>(+_+。) ってときには、試す価値はありますよね。

でも、そのデータ復元ソフトって高いんじゃないの?と思われる方もいると思いますが、なんとフリーソフトと言って、無料で使えるソフトもあります。

無料で使えるので、試さないのはもったいないですよ!

では、データを復元することのできるフリーソフトを紹介します。

☆データ復元フリーソフトを紹介しているサイト

・無料ファイル復元・データ復旧ソフト一覧 – フリーソフト100

http://freesoft-100.com/pasokon/recovery.html

・データ 復元 – k本的に無料ソフト・フリーソフト

http://www.gigafree.net/utility/recovery/

データを削除してしまった場合は、諦めないでデータ復元ソフトをお試しあれ!!

そして、やはり有料のデータ復元ソフトの方が、データを復元できる可能性が高いので、有料ソフトを利用するのもいいかもしれませんね。

データ削除

データを保存して削除した場合には、データ復元ソフトを使うことでデータを復元することができる場合がありますが、データを保存せずにソフトを終了して、データを失うとどうしようもありませんよね。

そして、よくあるのが一度も保存しないで、WordやExcel を閉じてしまうことではないでしょうか?

多くの人が仕事などでもよく使うWordやExcel を保存しないで、閉じてしまい(゜◇゜)ガーンとなったこと、一度や二度はあるのではないでしょうか?

私の場合は、一度や二度ではありません。たくさんそんなことがあります!!

そんなとき、時間が止まった感じに陥り、少なくても数分間は、機能停止状態に・・・。

諦めて、また作業を始めるしかないのか?

しかし、WordやExcel のバージョンによっても違いますが、一度も保存をせずに閉じてしまっても、自動的に回復用データが保存されているのです。

基本設定では、回復用データは10 分間ごとで自動保存されていますので、完全に復元できるかはわかりませんが、その回復用のデータを使うことで、データを復元できるのです。

では、WordやExcel の回復用データでデータを復元する方法を紹介しておきます。

Word、Excel データ復元

☆Word、Excel 、自動回復用データでデータを復元する方法

基本、Word、Excel の回復用データの確認方法はほとんど同じ感じです。

バージョンによって少し違いますが、「ファイル」をクリックして、バージョン管理をクリックすると保存されていない文章(ブック)の回復と表示されるので、そこをクリックすれば自動で保存されている回復用ファイルのフォルダが開かれるので、回復用データがあれば、それをクリックしてデータの復元ができます。

そして、回復用データの設定を変更したい場合は、「ファイル」をクリックして、「オプション」をクリックしてから「保存」をクリックすると、回復用のデータを保存する場所や自動で回復用データを保存する間隔を変更することができます。

初期設定は、10分間隔での自動保存です。

WordやExcel を保存しないで閉じてしまったときには、自動保存の回復用データですよ。

他のソフトでも、自動保存機能がある場合がありますので、諦める前に調べてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク