パソコン作業を効率化させるためにタイピングの練習をネットでしてみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイピング
パソコンのタッチタイピング(ブランドタッチ)ができますでしょうか?

パソコンのタイピングが早い人は、必ずといっていいほどタッチタイピングができます。

キーボードを見ながらタイピングしていては、いつまでたってもタイピングが速くなりませんよ。

タッチタイピング(ブランドタッチ)をして、体や手でキーの位置を覚えることで、タイピングが速くなるのです。

だから、キーボードを速く打つためには、キーの位置を手で覚えることが大切なのですね。

そのためには、タイピングの練習あるのみですよ。

タッチタイピング

○タッチタイピング(ブランドタッチ)の利点

・タイピングの入力速度が上がる!

キーボードを見ながら打ってしまうと、どうしてもタイピングの速度が落ちてしまいます。
そのため、タッチタイピングを習得するべきなのですね。

キーの位置を覚えるまでに時間はかかりますが、最終的にはタイピングの速度が上がります。

そして、タッチタイピングを覚えることで、入力ミスを早い段階で気づくことができるのです。

キーボードを見ながらタイピングをしていると、画面を見ていないために、入力ミスをしてもすぐに気づきません。

しかし、タッチタイピングを習得すると、画面を常に見ながら入力するので、入力ミスにすぐに気づきます。

だから、入力ミスの直しなども速く対応できるので、全体的なタイピング速度が上がるのですね。

・疲労を感じなくなる?!

タッチタイピングができることによって、画面から視点を動かさなくて良くなるので、眼精疲労の予防になります。

また、タッチタイピングができないと、タイピングに時間がかかり仕事量は同じでも時間がよりかかるようになり、疲労が蓄積しやすいですよね。

タッチタイピングは、パソコン作業の時間を減らすこともできるので、疲労も軽減されるのです。

・出来る人だと思われる?!

キーボードを見ながらタイピングしている人と、タッチタイピングをしている人では、印象が違います。

やはり、タッチタイピングをしている人の方が出来る人だと思われますよね。

そして、実際にタッチタイピングをできる方が、パソコンの仕事効率は上がりますので、出来る人になれるのです。

出来る男!出来る女!だと思われたい方は、タッチタイピングですよ。

ブラインドタッチ

○タッチタイピングの習得

タッチタイピングを習得するためには、遅くてもいいので、キーボードを見ずに打つことが大切です。

ホームページションに手を置いて、位置を確認してから、画面を見てから打つようにしなくてはいけません。

そうするとキーボードを見なくても打てるようになります。

そして、最終的には、話すときと同様に考えなくても、無意識化してタイピングができるようになるのです。

体が覚えるとキーの位置を思い出す必要もなく、思ったら勝手に手が動くようになります。

焦らずゆっくりやることが大切で、キーを見ずに練習していくと、いつの間にかタッチタイピングができるようになるのですよ。

では、ネットでタイピングの練習をしてタッチタイピングを習得しちゃいましょう!

○タイピングの練習ができるサイト

・My typing

http://typing.twi1.me/training/basic

手の位置などを確認して、きちんとしたタイピングの仕方を学んでから練習を始めましょう。

・e-typing(イータイピング)

http://www.e-typing.ne.jp/

タイピングの練習に最初はここがおすすめです。
文章や50音の練習ができます。

・寿司打(すしだ)

http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

ゲーム感覚で、速さと正確さを練習するなら寿司打です。

タッチタイピングを習得して快適なパソコンライフを送ってみてはいかが?!

誰でも練習すれば、タッチタイピングは習得できますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク