小説家を目指したい人はネットに小説を投稿してみてはいかが?!小説を書くことには色々なメリットがある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットで小説家
小説と言えば、本で読むものですが、現在ではネット上でも多くの小説が読めるようになってきたのです。

小説は多くの人が楽しんで読んでいますが、小説家を目指して奮闘している人も多くいるのですよ。

日本での小説家志望人数は、なんと数百万人規模と言われており、実際の人数はわかっていませんが、かなりの人が小説家を目指しているのです。

小説家になると言えば、出版社に持ち込みや投稿するのが一般的でしたが、現在ではネットに小説を投稿して、小説家を目指す人も増えてきているのです。

小説家を目指している人は、ネットで小説家への道を目指してみませんか?

○ネットで小説家を目指す!

・評価を知ることができる!

ネットで小説を投稿すると、誰かが読んでくれて評価してくれます。

出版社の賞などに投稿した場合、1次選考が終わるまでは、何もわかりませんし、賞の一次選考などに落ちた場合は、評価シートなどは無いので評価が全然わかりません。

賞の選考を待っても、受賞しなければ、評価がわからないということですね。

しかし、ネットに投稿した場合は、見てくれた人が一次選考に落ちるような作品でも、評価してくれることがあります。

自分の実力を客観的に知るためにも、ネットで投稿してみてはいかがでしょうか?

・コストがかからない?!

ネットで小説を投稿することはコスト面でも優れています。

通常の小説の賞に送ろうとすれば、送料、インク代、紙代などがかかります。

ネット投稿なら、データの投稿になるので無料で多くの人に自分の書いた小説を見てもらうことができるのですね。

・ネットなら小説が完成していなくてもいい

小説の賞に応募するなら、小説は完結しておく必要性があります。

ネットに小説を投稿するのであれば、途中の作品でも投稿することもできますし、まだ全然完結する予定がないものなども投稿できます。

以上のことから、ネットで小説家を目指すと、お金もかかりませんし、多くの人の評価を知りながら小説を書けるので、やる気もでるってことですね。

そして、ネットに小説を投稿して有名になれば、実際に小説を本として販売できる可能性もあります。

出版社の人達もネットに投稿されている人気の小説を吟味しているのではないでしょうか?

小説家になる

○小説をネット投稿できるサイト

・小説家になろう

http://syosetu.com/

小説家になろうは、サイト的には大手で、多くの人が集まります。反面、ライトノベルと呼ばれる中学生・高校生が読みそうなジャンルであふれかえっており、投稿者が多いので埋もれやすくもなっています。

・作家でごはん

http://sakka.org/

本格的に作家を狙うなら作家でごはんです。作家でごはんをとうこうする前にある程度文章力をつけてから挑んだほうがいいかもしれません。

・星空文庫

http://slib.net/

書きやすいサイトではありますが、見ている人が少ないかもしれません。

×小説をネットで投稿するデメリット

小説をネットで投稿するとデメリットもあります。

ネットでの投稿であるため、匿名で自由に評価できる特徴があり、よくわからない誹謗中傷がある可能性もあります。

そして、評価により自信を失う可能性もありますね。

しかし、面白い小説を書けば、多くの人は評価してくれますので、本気で小説家を目指すのであれば、プロの評価ではありませんが、評価をきちんと受け止めて、多くの人が求める小説を書けるように努力をしましょう。

小説家

〇小説を書くといいことあるかも?!

小説を書く気はないという方も小説を書くことで身につく力を知れば、小説を書くことに挑戦

してみようと思う方もいるのではないかと思います。

小説を書くことで身につく力を少し紹介しておきますね。

・小説を書くことで身につく力?!

小説を書くためには、いろいろなことを知ることが必要になりますので、知識を身につけることができるのです。

そして、小説を書くためには、多くの小説を参考にする必要がありますので、小説を沢山読むことになりますよね。

小説を読むと、集中力・発想力・コミュニケーション力が身につき、さらにストレス解消にもなるのです。

だから、小説を書くことで知識や集中力、発想力、コミュニケーション力がつくということになるのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク