家計簿をつけると良いことあるの?家計簿のメリット・デメリット!?ネットで家計簿を初めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット家計簿
給料日前になると今月もギリギリだと焦って節約を始める人はいませんか?

多くの人がそんな状況になったことがあると思いますが、それは計画性がないからではないでしょうか?

でも、収入が少ないからだと言う人もいると思いますし、急な出費があったから今月はギリギリになったと言う方もいると思います。

収入が少なくても計画的に使えば、給料日前にギリギリになることはありませんよ。

そして、急な出費にも対応できるようにしておくべきではないでしょうか?

計画性がなくて毎月給料日前にギリギリになってしまう方は、家計簿を付けて、計画的にお金を使う術を身につけて、できれば節約して急な出費にも対応できるように貯蓄をしてみてはいかがでしょう。

家計簿を付けることで、計画的にお金を使うことができるようになり、無駄な出費を抑えることもできます。

多くの人は、知らず知らずのうちに無駄な出費をしているものですが、それに気づかないのです!

家計簿を付けることで、無駄に気づくことができるようになるので、その無駄を省くことができるようになるのですね。

では、家計簿を付けるとどんな良いことがあるのかをもう少し説明してみます。

家計簿

☆家計簿を付けるメリット

先ほども述べましたが、家計簿を付けると計画的にお金を使えるようになります。

なぜなら、家計簿を付けることにより、過去のデータが蓄積されて、出費を予測できるようになり計画をたてることができるようになるからですね。

そして、家計簿の過去のデータにより、無駄な出費が浮き彫りになります。

こんなことにこれだけお金を使っていたのかと思うほど、家計簿を付けると無駄だとわかる出費がみえてくるのです。

無駄だとわかれば、無駄使いをしなくなりますよね。

そして、無駄使いをしなくなれば、無駄を減らすための工夫が生まれるのです。

家計簿によって、浮き彫りになった無駄を無くし、さらに無駄を減らすための工夫や節約をすることができるようになるのですね。

だから家計簿を付けることで、最終的には、今までギリギリだったお金を貯蓄できるようになるのです。

実際にデータによっても、家計簿と付ける人と付けない人とでは、貯蓄額に大きな差があるようです。

家計簿によって、未来予想図が描けるようになりますよ。(*^―゜)

しかし、家計簿を付けることによるデメリットもあります。

節約

×家計簿を付けるデメリット

家計簿を付けるためには、時間が必要になりますので、時間が無駄になるというデメリットがあります。

そして、過去のデータにより、無駄使いがわかれば、自己嫌悪に陥ることもありますね。

さらに、無駄使いを減らすために、節約志向が高まり、ケチになって人間関係が悪くなる場合もあるかもしれません。

しかし、家計簿を付ける時間は、毎日すればそこまで時間もかかりませんし、無駄使いで自己嫌悪になるという人は、反省して無駄を減らせばいいだけです。

そして、人間関係が悪くなるまでケチになって節約しなければいいだけすよ。

だから、家計簿を付けることで、得ることができるメリットを考えれば、家計簿を付けた方が良いと言えますね。

家計簿を付けるのであれば、ネットで家計簿を始めてみてはいかがでしょう。

パソコンやスマホを使って、簡単に家計簿を付けることができるサービスがネット上にはあるのですよ。

では、ネットで家計簿が付けられるサイトを紹介しますね。

☆ネットで家計簿が付けられるサイト

・Kakeibon~無料で使える自動ネット家計簿~

https://kakeibo.ocn.ne.jp/

無料家計簿のKakeibon(旧OCN家計簿)は、銀行やクレジットカードなどの支出情報を自動的に取り込んで家計簿化する、家計簿サービスです。アプリとの連携でレシート取込にも対応。

・家計簿アプリ・レシート家計簿「Zaim」

http://zaim.net/

日本最大級の家計簿アプリ・レシート家計簿サービスの新定番。iPhone・Android・iPad・Windows などスマホアプリとパソコン・タブレットなどの Web で連動して使えます。

・Money Look(マネールック)

https://www.moneylook.jp/

家計簿がとっても簡単。資産の管理がラクラク。投資も効率的に。銀行、証券などの口座を一括管理で手間いらず。しかも無料。個人のお金をまとめて管理できる便利サービスです。

ネットで家計簿を付けて、無駄を無くしてみてはいかがでしょう?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク