いつ犯罪に巻き込まれるのか解らない世の中?!ネットで防犯意識を高めてみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

防犯
日本は、安全な国というイメージを持たれている方が多いと思いますが、日本でも犯罪は起きています。

ニュースや新聞で取り上げられるような、凶悪な犯罪もありますし、ニュースにならないような犯罪もあります。

そして、誰もが犯罪に巻き込まれる可能性があるのです!

○日本でも犯罪は毎日起きている!

犯罪が少ないと言われている日本ですが、全く犯罪がない国ではありません。

日本で逮捕されている人数は、1日800人程度と言われており、単純計算ですが、都道府県ごとに毎日17人が捕まっていることになります。

また、犯罪に対して3割しか犯罪者は捕まっていないということなので、もっと多くの人が犯罪を犯しているということになります。

そして、犯罪の認知件数は、ばれている犯罪であり、ばれていない犯罪や損害が小さく申告されないものなどを合わせると、犯罪数は認知件数よりも多くなるので、毎日多くの犯罪が起きているのですね。

犯罪

○自分の身は自分で守る

犯罪は日常的に起きており、誰が被害にあうかわかりません。

警察は犯罪が起きてからでないと、対応してくれませんので、自分の身は自分で守る必要性があるのです。

もし犯罪に巻き込まれた場合でも、きちんと対応ができるようにしっかり知識を身に付けておいた方がいいのではないでしょうか。

護身術などを習うのもいいですが、護身術を習うのは大変ですし、近くに護身術を教えてくれるような場所がないという人もいると思います。

そんな方は、ネットで護身術を学んでみてはいかがですか?

〇ネットで護身術を学べ

・もし暴漢に襲われたら?誰もが知っておくべきベーシックな護身術

http://www.lifehacker.jp/2015/05/150524self_defence.html

護身術は、倒すためではなく逃げるために覚えておくといいかもしれませんね。

護身術

○護身用グッズを所持・使用

家に誰かが侵入してきた時も、自分で自分や家族守る必要性があります。

もしかしたら、在宅中に空き巣が侵入してくれるかもしれません。

家に侵入してきた場合は、自分の身や家族を守らなくてはいけません。

だから、家に護身用のグッズを用意しておいてはいかがでしょう。

護身用グッズとしては、警棒、催涙スプレー、スタンガンなどですね。

警棒があれば威嚇することができますし、相手も驚いて逃げてくれる可能性が上がるのではないでしょうか?

催涙スプレーを使えば、撃退できる可能性もありますし、逃げるチャンスをつくることもできます。

そして、スタンガンは、音と光で威嚇になりますし、相手も驚いてしまいますよね。

しかし、スタンガンは、外で持ち歩くと正当な理由がないと捕まります。

護身用としてぎりぎり通用するのは、催涙スプレーになります。

催涙スプレーの所持で捕まった男性がいますが、最高裁で勝利しており問題ないと言われています。

〇防犯グッズ販売サイト

・防犯グッズの販売店ボディーガード

http://www.body-guard.jp/

○防犯知識をつけておきましょう

護身術や防犯グッズを購入し犯罪に対処することも大切ですが、犯罪に巻き込まれないためには防犯知識を身に付けておくことも大切です。

防犯知識を身に付けることで、犯罪者に狙われにくくなり、狙われても諦めてくれる可能性が高くなります。

〇防犯知識を学べるサイト

・防犯に関するお役立ち総合サイト 防犯知識大辞典!

http://bouhanweb.com/

防犯知識をネットで身に付けて犯罪に合わないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク