寒さは特に高齢者には深刻な問題!?命の危険を伴うヒートショック対策のためにもネットで寒さ対策を学んでみる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さ対策
秋口から寒い日々が続くがしっかりと寒さ対策をしているだろう?

日本の住宅の半分以上がしっかりとした断熱対策が行われていないと言われ、冬場に風呂場で亡くなる人が非常に多いのです。

若者だからと安心してはダメですが、若者なら心臓の血管も強いので、体調不良を起こしたり死んだりする心配は少ないが、高齢者にとっては、寒さは命にも関わる深刻な問題なのです。

断熱対策が行われていない家をリフォームして、断熱対策しようと考えると最低数百万程度はかかるので、特にもう働いていない高齢者にとっては経済的に無理な話であり、しかたなく断熱対策をしないでそのまま過ごす人は非常に多いのが現実です。

そんな方は、断熱対策のリフォームが無理だとしても、他の寒さ対策ができるので、冬を安全に快適に過ごすためにも、ネットで寒さの対策を学んでみてはどうだろうか?

☆寒いとどうなるのか?

人間の体は、寒暖差に弱く、季節の変わり目に体調不良を起こすのはよくある話ですが、家の中の寒暖差が激しいと体に急激な変化が起こり死亡する例もあります。

このように、急激な寒暖差によって、体調不良を起こすことをヒートショックと言います。

ヒートショックの死亡原因は、寒暖差により心臓がビックリして起きる心停止や血圧・血流の変化による血管破裂や心不全、血栓が発生して起きる心筋梗塞や脳梗塞など多岐にわたります。

なんと、家庭内での高齢者が死亡する原因の4分の1がヒートショックなのです!

住宅は安全というイメージを持っている人は非常に多いが、安心するからこそ対策をおこたり、危険な場所だと言えるのではないではないだろうか?

・寒いと起きること

http://baquun.net/post-1205/

ちょっとした工夫で室内の寒さの変化を減少させ、死亡リスクが減少します。あたなの家はかなり危険な家かもしれませんよ。

○ヒートショックにならないために暖房機器で温度を一定に!

暖房機器を使う場所で一番多いのが居間でありますが、それ以外の場所では暖房機器を一切使わない家庭が多いのではだろうか?

冬になると、室内では寒暖差が10度以上になることがしばしばあり、部屋の中でも薄着で外にでているような状態になりヒートショックになる原因なのです。

室内の温度差は非常に危険であり、良く通る場所は簡易でもいいので、暖房機器を設置することが望ましいのです。

また、もっとも危険な場所はお風呂場であり、暖房機器のない脱衣所で服を脱ぐのは裸で外に出るような行為になりますので、体に非常に大きな負担をかけていることは言うまでもないのです。

寒暖差を0度にすることは無理でも、できるだけ小さくすることができるはずです。

暖房機器を購入して、部屋の温度を一定に保つことをオススメします。

ヒートショック

☆寒さ対策には何が必要なのか?

○防寒具

電気代を考えると普段使わない部屋や廊下などに常に暖房機器を付けた状態でおくのは難しいことでしょう。そんなときは、防寒具を身に着けて移動をするようにしましょう。

防寒具は、体の熱を外に出すのを防ぎ、体感温度の変化を減少させてくれる力があります。

また、単に防寒具と言っても安さ重視や可愛さ重視で購入すると使いものにならないことが時々あるので、防寒具の特徴や品質を調べて購入するようにしましょう。

室内で防寒具を身につけることも、ヒートショックを予防する方法の一つであり、寒い時は部屋でも防寒具を身につけるようにしましょう。

○暖房用具

カイロや湯たんぽなどは、体の体温を一定に保つのに、有効な手段の一つで私たちの活動の低下を妨げる効果があり、非常に重宝される暖房用具になります。

防寒具を着たとしても、服の中が温まるまでに時間がかかる時があり、寒さを感じることがあります。すでに温まったカイロを持っておけば体温変化を減らします。

カイロは指先のなどの冷えた血液を温め体に温かい血液がおくられるようになるので、冷えを予防し血圧の変化を減らします。

寒い時には直接からだを温めてくれる暖房用具も使うようにしましょう。

〇ちょっとの工夫で部屋の寒さ対策

隙間風が少し部屋に入らないようにするだけでも、寒さ対策になります。

なので、100円均一で売っている隙間テープなどを購入して、冷気が入ると思われる場所を覆うだけでも寒さ対策になります。

窓にプチプチを貼れば断熱材の代わりになり寒さ対策に効果的ですし、床の寒さ対策のためには段ボールやコルクマットなどをひくのもいいです。

ちょっとした工夫で、部屋の寒さ対策はできるということですね。

☆ネットで寒さ対策をネットで研究

・電気代を絶対的に抑える方法|お部屋の寒さ対策は家のすき間を徹底チェック

http://www.drwallet.jp/navi/10862/

・冬の寒さ対策には100円ショップがオススメ!節約しながら寒さをシャットアウト!!

http://wakategeinin.com/100yenshop-312

寒さで命を落としたり体調を崩さないためにも、できることから寒さ対策をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク