もしかしたら確定申告をする必要があるかも?!確定申告をするとお得かも?!だから確定申告をネットで学んでみる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確定申告
確定申告という言葉を聞いたことがあると思いますが、自分には関係がないと思っていませんか?

もしかしたら、確定申告をする必要があるかもしれませんし、確定申告をするとお得になるかもしれませんよ。

そして、もし確定申告をする必要があるのに確定申告をしないと、税金の延滞料などがかかる可能性もあるのです。

だから、確定申告について知っておいた方がいいのですね。

〇確定申告とは?!

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日)の所得を確定させて申告することです。

所得とは、収入から経費を引いたもので、その所得を税務署に申告して所得税を確定させるための手続を確定申告と呼ぶのです。

基本、普通のサラリーマンの場合は、会社が所得税を計算して天引きして年末調整もしてくれるので、確定申告をする必要はないのですが、副収入などがあれば確定申告をする必要がでてくるのです。

そして、確定申告は、税金を支払うためだけではなく、税金を還付してもらうためにも必要なのです。

医療控除や住宅ローン控除、寄付金控除などがあり、条件を満たせば、確定申告をすることで税金を返金してもらえるのですよ。

確定申告は、誰でもする必要があるというわけではありませんが、確定申告をする必要がある方、確定申告をした方がお得になる方、確定申告をする必要がない方がいるのですね。

では、確定申告をする必要性がある方を説明していきます。

〇確定申告をする必要性がある方

1.サラリーマンで年間の給与収入が2,000万円以上の方。
2.二つ以上の会社から給与が支払われている方。
3.給与所得以外(事業所得・副業・投資など)で20万円を超える所得がある方。
4.不動産収入のある方。
5.公的年金や個人年金の雑所得が一定額以上の方。
6.2か所以上のアルバイトをかけもちして、年間の所得合計が103万円を超える方。
7.個人事業主で、年間の収入が38万円を超える方。

ちょっとだけ副業をして1ヶ月2万円程度 稼いだ場合でも、1年間で20万円を超えてしまいます。

そんなときは、確定申告をする必要があるのですね。

そして、資産を売却した場合や懸賞・賞金などを得た場合にも、金額によっては確定申告をする必要があるかもしれません。

もしかしたら確定申告をする必要があるのかも?!そんなときには、税務署に問い合わせてみましょう。

もし確定申告をする必要があるのに確定申告をしなかったら、普通に払う以上の税金を支払うことになるのですよ。

〇確定申告をしないとどうなる?!

確定申告をする必要がないと思っていても、確定申告の必要性があった場合は知らなかったではすみません。

納税は国民の義務であり、税金を支払わなければ脱税になるのです。

確定申告をする必要があるのに、期日までに確定申告をしなかった場合は、なんと延滞税や無申告加算税などの申告漏れによるペナルティがあるのです。

だから、確定申告をする必要があるのにしていなければ、普通に確定申告する以上の税金を納めることになるのですね。

もし確定申告をするのを忘れていた場合ですが、税務署から指摘される前に、自主的に確定申告した場合には、無申告加算税が軽減されますので、確定申告を忘れていた場合や間違いに気づいた場合は、早急に確定申告をしましょう。

確定申告が必要

では、次は確定申告をする必要はないけど、確定申告をした方がお得になる方について説明します。

〇確定申告をした方がお得になる方!?

所得税を払いすぎている場合は、国から「税金を多く支払っていますよ~」って言ってきません。

そして、税金には控除という仕組みがありますので、確定申告をしたら支払った税金が戻ってくる場合もあるのです。

別に無理に確定申告をする必要性はありませんが、税金が戻ってくるのであれば確定申告した方がいいかもしれませんね。

では、確定申告をした方がお得になる方を紹介してみます。

・医療費が1年間で10万円を超えた方。

病院で支払った金額の合計が10万円を超えた場合は、「医療費控除」という控除が受けられます。

だから、医療控除の額が多ければ多いほど、支払った所得税が戻ってくるということです。

※年間所得が200万円未満の人はその5%を超えると「医療費控除」を受けられます。

・住宅ローンを組んで住宅を購入又は増改築した方。

住宅ローンを組んで住宅を購入した場合や増改築をしたときに、条件を満たせば入居後10年は控除を受けられます。

1年目は自分で確定申告をおこなう必要がありますが、2年目以降は会社員の方は会社の年末調整で控除を受けることができます。

・寄付をした方。

国や地方公共団体などに対して寄付をした場合は、「寄付金控除」という控除を受けられます。

寄付金控除で有名なのが、「ふるさと納税」です。名前は納税ですが寄付にあたるので、ふるさと納税をした場合は、確定申告をして控除を受けることができるのです。

・中途で会社を退職して年末調整を受けていない方。

会社を退職したまま再就職しなかった場合、確定申告をすることで所得税の還付を受けることができます。

会社員の場合は、税金が給与から天引きされているため、税金を払いすぎている可能性があるので、確定申告することで、税金が戻ってくる場合があるのですね。

そして、災害免除法によって税金の軽減免除を受けたい場合にも確定申告をする必要があります。

〇アルバイトとパートの方は確定申告をするべきなの?!

基本、アルバイトとパートを複数の会社でしていなければ、確定申告をする必要はありません。

しかし、2か所以上のアルバイトとパートをかけもちしている場合は、年間の所得合計が103万円を超えるたら確定申告をする必要があります。

そして、ちょっと確定申告とは関係がないのですが、アルバイトとパートをしている方は、扶養になっている場合は、年間の所得合計が103万円を超えたら扶養から外れることになります。

扶養から外れると、扶養していた人の扶養控除がなくなり、そして、年金・健康保険などを自分で支払う必要がでてきますので注意が必要です。

確定申告の仕方

〇確定申告の仕方

確定申告をするときは、確定申告書を作成してから、所得控除に関係する書類を準備する必要があります。

確定申告の期間は、納付の場合は、2月16日から3月15日までです。

そして、還付の場合確定申告の期間とは関係なく、5年間の期間があるので、確定申告をした方がお得になる方は、5年前までなら確定申告をすることで、税金が戻ってくるかもしれないのですね。

◎確定申告に必要な書類

・源泉徴収票・・生命保険料控除の控除証明書・地震保険料控除の控除証明書

・収入と支出(領収書など)に関する書類

・確定申告書(税務署でもらえます。インターネットでもダウンロードできます。)
→ 所得税(確定申告書等作成コーナー)|申告・納税手続|国税庁

必要な書類を用意したら、後は、確定申告書に記入していきましょう。

わかる範囲で記入して、わからないことなどは、確定申告の期間は区市町村で特別に確定申告の相談窓口などがありますし、税務署へ行けば教えてくれるので心配ありません。

〇確定申告を学べるサイト達

確定申告で困ったときの初心者ガイド

http://www.sinkoku.net/

確定申告いつまでに?確定申告初心者ガイド | 経営ハッカー

http://keiei.freee.co.jp/kakuteishinkoku/

確定申告は、難しそうだと思うかもしれませんが、実際、そんなに難しくありません。

少し学んで、相談すれば、誰でも簡単に出来るモノなのです!!

確定申告をする必要がある方はきちんと確定申告をしましょう!

確定申告をするとお得ができる方は、確定申告をしてみてはいかがですか?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク