コンタクトレンズは便利だけど問題点もある?!コンタクトを学んでネットでコンタクトを購入してみる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクト
日本人の3分の1は、近視であるといわれており、多くの人がメガネやコンタクトをして視力を矯正しているのです。

目にコンタクトを入れるのは怖いという人も多くいるかもしれませんが、見た目の問題や便利だということからコンタクトを選ぶ人も多くいます。

そして、メガネとコンタクトを併用する人もいると思います。

メガネだけだという人もいると思いますが、メガネもいいですが、コンタクトも便利でいいですよ。

〇コンタクトとメガネどっちがいい?!

コンタクトは、直接、目の中に入れるため、見た目の変化が無くよく見ないとコンタクトを入れていることにも気づかれませんので、メガネの見た目が嫌な人はコンタクトの方がいいですね。

しかし、メガネでオシャレをすることもできますし、真面目に見えるなど印象をメガネによって変えることができるので、場面によってはメガネの方がいい場合もあります。

そして、コンタクトは視界がクリアでメガネのように視野を遮るモノが無いため、車の運転にはコンタクトの方が向いています。

さらに、コンタクトはメガネのように曇ることがないので、お風呂に入る時やラーメンなどを食べる時は、コンタクトの方がいいのです。

だから、メガネよりコンタクトの方が慣れるといいと思います。

メガネ

しかし、コンタクトは、目に入れるモノなので、眼病の元になる場合もありますので、注意も必要です。

〇コントレンズには問題点もある?!

コンタクトレンズは、利点も多くメガネよりもコンタクトと使う人が多いと思います。

しかし、コンタクトは、目に直接つけるという性質上、目を傷つけやすく目の病気になりやすいという問題点も多く存在しているのです。

→ コンタクトレンズは目に悪影響を及ぼす?!コンタクトの使用方法は大丈夫?!

→ コンタクトレンズの使い過ぎが失明に繋がる「角膜血管新生」を引き起こす?!

だから、コンタクトを日々使用する人もメガネを一つ購入して、場面によって使いわけをするようにすることをおすすめします。

コンタクトレンズ

そして、コンタクトといっても、コンタクトには、ハードとソフトという種類があるのです。

〇コンタクトレンズはハードとソフトどちらがいいの?

コンタクトレンズには、ハードレンズとソフトレンズがあります。

最初は、眼科で視力検査をして医者のオススメを聞いて購入しても良いと思います。

しかし、自分でソフトレンズかハードレンズを選ぶ場合は、それぞれの特徴を知って購入する必要があります。

ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズ ~それぞれの特長~

http://www.aime.jp/howto/beginer/character.html

特徴を理解したけど、どちらが良いのかわからない場合は、主流のソフトレンズを選ぶことをおすすめします。

そして、ソフトレンズのコンタクトでは、使い捨てや二週間、1ヶ月などの期間があります。

期間も迷ったときは、最初は使い捨てを使用し、のちに期間を延ばすことをおすすめします。

そして、コンタクトを購入するときには、最初は眼科で購入するという人も多くいますが、ネットでコンタクトを購入するという方も多くいると思います。

コンタクトを眼科などで購入している人は、ネットの方が便利なのでネットでコンタクトを購入することを検討してみてはどうでしょうか?

〇なぜコンタクトをネットで購入した方がいいの?

一度、視力検査をして、コンタクトの度数を測れば、すぐに度数が変わるわけではありませんので、眼科で購入してもネットで購入しても変わりません。

どちらで購入しても良いのですが、ネットの方が同じコンタクトでも値段が安く定期的に購入する人は、ネットで購入する方がお得なのです。

また、眼科はあまり多くのコンタクトレンズの種類を置いてないこともあり、酸素の透過率や使い心地などを自分で選ぶことができません。

そう考えると、種類の多いネット方が良いといえるのではないでしょうか?

しかし、ネットでコンタクトを購入するのは、成人してからをおすすめします。

なぜなら、若い人は度数が変わりやすので合わなくなることがあるからですね。

コンタクトレンズをきちんと理解してコンタクトレンズを購入して使用しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク