引越するならネットで比較?!お得に引越するためにネットで引越を学んでみてはいかが?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越
多くの人が仕事の都合や結婚などによって、一度や二度は引越を経験することになると思います。

頻繁に引越をするような人であれば、引越の秘訣をいろいろと知っているかもしれませんが、多くの人は引越の秘訣や方法をあまり知らないと思います。

まあ何とかなると思って、引越の計画をしておかないと無駄が増えますし、苦労をすることになりますよ。

だから、引越をするのであれば、きちんと引越のことを学ぶことが大切になるのです。

引越準備

では、引越をお得に無駄なくできるように学んじゃいましょう。

〇引越の準備

引越の準備は、まずは計画からです。

引越する予定の日から逆算して、いろいろと計画をしておく必要があるのですね。

引越をする場合は、いろいろな手続をする必要もありますし、片付けて段ボールにまとめたりなどありますよね。

だから、効率良く引越するためにも計画が大切なのですよ。

では、引越の準備や段取りを学べるサイトを紹介しておきます。

・引越の準備を学べるサイト

【SUUMO引越し】引越しの手続き・手順を段取りチェックリストで確認しよう

http://hikkoshi.suumo.jp/oyakudachi/manual/keikaku/02.html

これで完璧!引っ越しやることリスト一覧

http://xn--28jh9aw2lsbzx7dsni981b310e.cc/

引越の段取りを考えて、計画をたててから引越の準備をしましょうってことです。

でも、引越の準備を焦りすぎて、早くからする人もいると思いますが、あまり早くから引越の

準備を始めると引越する前の生活が大変になりますよ。

もう片付けて段ボールに入れたから出すのが大変ってなことにもなります。

なので、引越の準備を早くしすぎるのも問題です。

引越のコツ

では、引越に使えると思われる豆知識も紹介しておきますね。

〇引越に使える豆知識

・引越前に不要品は早めに処分計画

引越するときに不要品が出るということは良くあります。

処分という形にすれば、処分費がかかりますよ。

だから近くのリサイクルショップで売ってもいいですし、時間があれば、ネットオークションを利用すれば、不要品がそれなりのお金になる場合がありますよ。

・知人に手伝ってもらうのはNGかも?!

引越の手伝いを知人に頼む人もいると思いますが、知人に引越を手伝ってもらうと割高になるかもしれません。

知人だから引越業者より安いと思うかもしれませんが、いくら知人とはいえ無料で手伝ってもらうのも心が引けますし、食事代などもかかります。

さらに、引越のときに物を壊されたり、怪我でもすれば、引越業者に頼むよりも費用がかかる場合があるのです。

・引越のときは捨てる勇気が大切ですよ。

勿体ないと思うかかもしれませんが、使わない物をずっと持っていても、邪魔になるだけではないですか?

引越を機会に、使わない物を捨てることで、引越も楽になりますし、後片付けも楽になり、部屋も広くなりますよ。

引越は、使わない物や不要な物を捨てるチャンスです!!

きちんと考えて使わない物は、引越前に捨てちゃいましょう。

・段ボールは大きさを使い分ける!

大きな段ボールには、軽い物、小さい段ボールには、重い物が基本です。

大きな段ボールに重い物を入れると、運ぶときに大変ですし、段ボールが壊れて中の物が壊れる可能性もあるからですね。

そして、段ボールに何を入れたのかを分かるようにしておくことも大切ですよ。

引越は、引越前の準備も大変ですけど、引越をしてからの後片付けも大変なので、何を入れたのかが分からないと、片付けがとても大変になります。

・段ボールは貰う?!

引越のときに役立つのが段ボールですが、段ボールはスーパーやドラッグストアなどに行くと、無料で貰うことができますので、貰ってくればお得です。

しかし、丁度良い大きさの段ボールが見つからない場合もあります。

いろいろなお店に行って、段ボールを探すのもいいと思いますが、近くで丁度良い大きさの段ボールがあれば貰って、後は購入した方が探す手間を考えるといいと思いますよ。

・新居の間取りを確認して配置図を考えておく。

引越をした後のことを考えておくことも大切ですよ。

なぜなら、新居に荷物を持っていったときに引越業者の人に取りあえず置いといて下さいと、何も考えずに荷物を置いておくと、大きな物であれば、後で動かすのも大変ですし無駄が多くなります。

だから、引越の前にきちんと新居の間取りを確認して、家具の配置などを考えておくことも大切なのですね。

引越の費用

☆引越の費用

リッチだから引越業者に多くの費用を支払いたいと思っている方には関係ありませんが、多くの人は、引越の費用を安くしたいですよね。

そんな方のために引越費用を少しでも安くする方法を紹介しておきます。

〇引越の費用を安くするコツ

・3社以上の引越業者から見積をとって比較する!

引越業者は、どこも同じような値段だと思っているかもしれませんが、金額は全然違います。

だから、最低でも3社以上の引越業者から見積をとって比較しましょう。

ネットで簡単に複数の引越業者の比較ができるサービスがあるので、後で紹介しますので利用してみてください。

しかし、見積が安いだけで選んでしまうと、サービスに問題がある場合もありますので、ある程度の数に引越業者を絞ったら、評価や口コミを参考にしたり、お問い合わせをしたりして対応やサービス内容を確認して選ぶことも大切です。

・引越をする時期や時間帯は大切?!

引越にはシーズンがあり1年で最も引越のシーズンといわれているのは3月です。

3月に多くの人が引越をするので、忙しいので対応も悪くなったり価格も高くなったりします。

だから、可能性であれば、3月の引越は避けた方がいいのです。

そして、引越は、午前より午後の方が安くなる傾向がありますので、引越費用を安くしたい場合は、午後の時間帯を選びましょう。

さらに、日本では、六曜(ろくよう)と呼ばれる、その日の運勢を期したものを気にする人がいますので、仏滅の日は引越を避けようとする人がいますので、別に六曜のことが気にならない人は、仏滅の日に引越をすれば安くなる場合もあるようです。

・退去時は部屋をキレイにすることも大切

退去時は、どうせこの部屋とは、オサラバだからと思って、キレイに掃除をしない人もいると思います。

別にキレイに部屋をしなくても引越の費用は変わりませんが、退去時のハウスクリーニング代などが発生して、敷金が戻ってくるはずだったのに、敷金が戻らないということになる場合もあります。

最悪、退去時にいろいろと費用を請求させることになるかもしれません。

・引越費用の交渉は大切かも?!

引越業者に見積をしてもらって選ぶ際には、値段交渉をしてみるのも大切ですよ。

交渉次第では、引越料金が安くなる場合もありますので、見積を鵜呑みにするのではなく、安くならないのかをきちんと聞いて交渉をしてみましょう。

引越業者

では、引越の費用を安くするためにも引越業者を比較してみましょう。

〇引越業者を比較してみる?!

引越業者を比較できるサイトを紹介します。

引っ越し見積もりなら【引越し侍】無料で引越業者の料金相場を比較

https://hikkoshizamurai.jp/

価格.com – 引越し見積もり(無料)|一番安い業者を比較

http://kakaku.com/hikkoshi/

引越をするなら、引越のことを学んでお得に引越をしちゃいましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク