ネットの危険はウイルスだけじゃない?!ネット依存の恐怖?ネットに頼り過ぎるとデジタル認知症になるかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットの危険
ネットは、便利で現在の生活に欠かせないモノになってきていますが、ネットを利用している人でネットの危険性をきちんと理解している人がどれぐらいいるでしょうか?

ネットに危険性があることを知らないでネットを利用している人もいるかもしれませんし、ネットの危険性を知ってネットを利用している人もいると思います。

そして、ネットの危険性を知っているつもりでも、知らない危険があることを知らない人もいると思いますよ。

では、ネットにはどんな危険が潜んでいるのかを学んでいきましょう。

○ネットには危険がいっぱい?!

ネットは便利ですが、危険を秘めています。

そんなことは、ネットを利用しているので知っているという人もいると思いますが、ウイルス対策ソフトを導入しているから問題ないと思っている人もいるのではないでしょうか?

ウイルス対策ソフトは、万能ではありません。

新型のウイルスであれば、ウイルス対策ソフトでも対処できない場合もあります。

そして、多くの人は、ネットの危険と言えば、ウイルスによって個人情報を盗まれたり、パソコンなどを壊されたりするのだと思っているかもしれませんが、ネットには、いろいろな危険があるのです。

もちろん。ネットの危険の代表は、ウイルスですが、ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺、架空請求などの危険もありますし、それ以外にも危険があるのです。

ワンクリック・フィッシング詐欺に注意!ネットの詐欺を知って騙されないために知識を身につけよう!

それ以外の危険としては、ネットを利用することでネット依存症になるという危険もあるのです。

ネットに依存することが、なぜ危険なのか?についても知っておきましょう。

○ネット依存症に気を付けて!

ネット依存になると、何が危険なのか?というと、いろいろな問題があるのです。

長時間ネットに依存することで、頸肩腕症候群や睡眠障害、眼精疲労など体に異常がでる可能性があります。

頸肩腕症候群とは、首筋から肩、腕にかけての異常の総称であり、長時間ネットに依存することで肩こりや頭痛などの症状が起きます。

そして、ブルーライトの影響で寝つきが悪いなどの睡眠障害になるのです。

また、長時間ネットを見ることで目が霞んだり、充血したりなどの眼精疲労の症状が起きます。

そして、ネット依存症は、鬱病やひきこもり、対人恐怖症の原因にもなるのです。

また、ネットに依存することで、人と直接コミュニケーションを取ることが減るので、妄想して疑心暗鬼になり、心が壊れてしまう可能性もあるのです。

さらに、ネットに依存することで、外に出ることが少なくなり運動をせずに運動不足になって、生活習慣病のリスクを高めることにもなります。

このようにネット依存症になれば、いろいろなデメリットがあるのですよ。

○ネット依存度チェック

・ネット依存症診断 診断チェック | @メンタルヘルスの無料診断

ネット依存チェック|ネット依存治療の専門病院 大石クリニック

ネットに依存

そして、ネットに頼り過ぎることによって恐ろしい病気になる可能性もあるのです。

○ネットに頼り過ぎるとデジタル認知症になるかも?!

ネット依存症も危険ですが、ネットに頼り過ぎることで、「デジタル認知症」という恐ろしい病気になる可能性が高くなるのです。

デジタル認知症とは、その名の通り、デジタル機器(スマホやタブレット、パソコン)を使い過ぎることによって発症する認知症に似た症状のことです。

デジタル認知症の主な症状は記憶障害や注意力散漫などです。

なぜ、デジタル認知症になるのかというと、スマホなどのデジタル機器を使って、ネットでいろいろなことを調べると思いますが、ネットでは簡単に調べることができるので、記憶しておく必要が無いと脳が判断してしまうようになるのです。

そうなると脳の記憶を司る海馬という部分が衰えてしまい、デジタル認知症になってしまうのですね。

そして、デジタル認知症が悪化すると本当の認知症になってしまう可能性もあるのです。

なんと、10代や20代の若者であっても、デジタル認知症になっているというデータもあるようです。

最近、物忘れが多くなった!集中できないなどの症状がある方は、もしかしたらデジタル認知症化もしれませんよ。

このようにネットに頼り過ぎると、デジタル認知症という恐い病気になる可能性があるのですね。

ネットを利用する

そして、ネット上の嘘の情報にも気を付けるべきなのです。

○ネットの嘘の情報に気を付けて!

ネットは、無料で簡単に個人でも情報を提供することができますので、ネット上の情報は、きちんとした情報でない場合も多くあるのです。

本当なのか?嘘なのか?という情報が、ネット上には多くあるということで、嘘の情報を信じてしまうと間違った知識を身に付けることになります。

そして、ネットの情報は、偏見や固定概念などもありますので、知識の偏りなどの危険もあります。

だから、ネットの情報を信じ過ぎるのも問題だと言えるのですね。

本当に必要だと思う知識を身に付けたいのであれば、ネット以外でもきちんと調べてみるべきだと思いますよ。

また、複数のサイトで情報を収集することで、間違った情報に騙されなくてすむようになると思います。

ネット上には、多くの情報がありますが、嘘の情報もあることを理解することも大切なのですね。

○ネットは便利だけど危険を知って上手く使うことが大切!

ネットは便利ですが、便利さゆえに危険を知らずに使用すると大変なことになることもあります。

これからもネットは、より生活に欠かせないモノになっていくと思いますが、便利だというメリットだけではなく、デメリットも理解して上手く利用することが大切なのですね。

ネットの危険性を理解して、上手くネットを利用することで生活をより豊かにすることができるのです。

生活に欠かせないネットの危険性を知ることの大切さを理解していただけたでしょうか?

しかし、ネットの危険性を知ってネットを怖がる必要はありません。

きちんと理解して使えば、対処ができるからですね。

だから、ネットの危険性を知っておくことが大切なのですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク