タブレット端末はメリットがいっぱいで便利だけどデメリットもある?!タブレットの選び方も学んどく?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレット
パソコンが進化してタブレット端末になり、多くの人がパソコンではなくタブレットを使うことが増えたのではないでしょうか?

インターネットを見るのであれば、パソコンでなくてもタブレットで十分です。

スマートフォンで十分だという人もいると思いますが、スマホの画面は小さく、仕事などで使うには不便ですし、本を読むのも文字が小さすぎて健康的にもよくありません。

だから、タブレットを使うという人も多いと思いますが、タブレットのことをあまり理解していない人も多いと思います。

勝手ながら、そんなタブレットについて少し説明していくことにしました。

○タブレット端末とは?

タブレット端末とは、板状のコンピュータの分類の一つであり、画面に触れて操作できるタッチパネルになっている製品です。

タブレットは、インターネットを利用することもできますし、パソコンと同様にいろいろなソフトを操作することもできます。

簡易的なパソコンという感じがタブレット端末なのですね。

そして、スマートフォンとタブレットを混同する方も多いと思いますが、タブレットの場合は、スマートフォンより画面が大きく使いやすいのが特徴です。

簡単にいえば、携帯電話に近いのが「スマートフォン」、パソコンに近いのが「タブレット端末」という感じですね。

タブレットのメリット・デメリット

そんなタブレットですが、どのようなメリットがあり、デメリットがあるのかを知っているでしょうか?

☆タブレットを使うメリット・デメリット

タブレットは、多くの人が使っているのですが、メリットとデメリットを理解して使っているでしょうか?

そして、タブレットを購入しようか迷っている人もいると思います。

そんな人のためにもパソコンやスマホなどと比べながらタブレットのメリット・デメリットについて紹介していきますね。

○タブレットを使うメリット

・いろいろなことが簡単に管理できるようになる。

タブレットには、いろいろなアプリがあり、アプリによってスケジュール管理もできますし、名刺管理やお金の管理などもすることができます。

・パソコンと同様なことができる。

タブレットでは、文章を入力したりメールを送ったりと、パソコンでできる作業をすることができます。

スマホでも文章を入力することができますが、画面が小さいので作業効率が悪いのですね。

・ネットが使えるので情報収集に役立つ。

タブレットは、インターネットに接続することが可能なのでネットを使った情報収集に役立ちます。
また、インターネットを使えるので暇つぶしにも使えるのですね。

・小さくて持ち歩きやすい。

タブレットは、パソコンと比べると小さくて持ち歩きやすいので、どこでも簡単に取り出して使うことができます。

・画面が大きくタッチパネルだから簡単。

画面はスマホより大きくタッチパネルで使えるので、パソコンのように使い方が難しくありません。

だから、パソコンは難しそうだからと敬遠していた人も使える。

タブレットには、このようなメリットがあるのですが、デメリットもあります。

○タブレットを使うデメリット

・ネットを利用する危険性がある。

ネットは便利だけど、危険が潜んでいますので、ネットを利用することでトラブルに巻き込まれる可能性があります。

ネットの危険はウイルスだけじゃない?!ネット依存の恐怖?ネットに頼り過ぎるとデジタル認知症になるかも?!

・情報が豊富すぎて情報に踊らされる?

タブレットは、インターネットを利用できるので情報収集に役立つのですが、情報が多いですし、ネット上には、不確かな情報も多く情報に惑わされることもあるのです。

・漢字を忘れる(書けなくなる)

パソコン・スマホも同様ですが、タブレットを使うと書くことが少なるなるので、いざ漢字を書こうとしたときに書けなくなるということが多く発生してしまいます。

・パソコンよりも機能は劣る。

タブレットは、パソコンのような機能がありますが、やはり作業面での機能はパソコンに劣ります。

だから、仕事の作業でタブレットを使う場合は、機能面での不満がでる場合があるのですね。

しかし、仕事によっては、タブレットの方が効率的な場合もあります。

これ以外にもタブレットには、メリットもデメリットもありますが、デメリットを理解して上手くメリットを生かせれば、タブレットはとても役立つということになります。

タブレットのメリットを知ってタブレットの必要性を感じなければ、別にタブレットを利用する必要はありませんが、タブレットのメリットを知ってタブレットが必要だと思った方は、タブレットを使ってみてはいかがでしょう。

タブレットの種類

しかし、タブレットといっても種類があり、タブレットによってもメリットやデメリットがあるのです。

だから、自分にあったタブレットを使わないと宝の持ち腐れになるかもしれないのです。

なので、簡単にタブレットの選び方を紹介しておきますね。

○タブレット端末の選び方

まず一番初めに決めるべきなのは、タブレット本体のソフト(OS)であるAppleのiOS、グーグルのAndroid、マイクロソフトのWindowsのどれにすればいいのかです。

どのOSにも特徴がありますので、どれを選ぶべきなのかは、人によって違ってきます。

では、タブレットのOSの特徴を簡単に紹介します。

・iOS(iPad)

iOSは、Apple社が提供しているOSであり、iOS搭載のタブレットは、iPadのみです。

だから、OSをiOSにしたいのであれば、おのずとタブレットはiPadになりますので、機能別に選ぶということができません。

しかし、タブレットに必要とされる標準的な機能は整っていますので、問題はないと思われます。

そして、iOSで使えるアプリ(ソフト)は、App Storeからダウンロードできアプリの種類は豊富です。

また、App Storeで公開されているアプリのすべては、Apple社による事前審査を受けているので、アプリのセキュリティはある程度保証されているのが特徴ですが、完全に安全だとは言えません。

スマホでiPhoneを使っている人であれば、iPadが使いやすいと思いますし、アップルのPCであるMacを使っている人もiPadの方が使いやすいと思います。

また、パソコンやスマホを利用したことがない人にも、使い勝手やセキュリティ面を考慮するとiOS搭載のiPadはおすすめだと言えます。

・Android

Androidは、グーグル社が開発したOSであり、コレを搭載したタブレット端末はAndroidタブレットと呼ばれます。

Androidを搭載したタブレットは、多数のメーカーが提供しているので、機種によって仕様や性能、値段も大きく異なりますので、いろいろと選べる自由があるのですね。

Androidのアプリの種類は豊富で、Google Play ストアに限らず様々なサイトで入手が可能ですし、Google Play ストアの審査はそれほど厳しくなく、他のストアは審査が厳しいところもあれば、審査が無いところもあります。

そのため悪意のあるソフトウェアをインストールしてしまう可能性が高くなります。

しかし、Androidは、機能面でのバリエーションが多くmicroSDカードスロットやHDMI端子、USBホスト機能などが装備されているものがあります。

だから、タブレットをいろいろな用途に使いたいと望む人は、Androidがおすすめだと言えます。

・Windows

Windowsは、マイクロソフト社のOSであり、ノートパソコンから進化したタブレットなので、パソコンのように使えるのが特徴です。

OSがWindowsなので、Windowsのパソコンで使っているファイルがそのまま使えるので、Microsoft officeを使いたい人におすすめです。

そして、複数のウインドウを開いて作業を進行することもパソコンと同様にできるのも特徴です。

しかし、タブレットとしては後発なのでWindowsタブレットに対応したアプリの数はそれほど多くないのが問題点だと言えます。

Windowsのパソコンを使っていて仕事中心にタブレットを使いたいという方におすすめなのが、Windowsですね。

タブレット

OSの特徴を紹介しましたが、タブレットを選ぶときは、何処でどんな風に使うのかを考えることが大切です。

家でゆっくりと動画を楽しみたいのであれば、画面が大きいものがいいですし、移動中に気軽に使いたいのであれば画面が小さいものの方が持ち運びに便利です。

そして、仕事でも使うのであれば、仕事で使っているのがWindowsのパソコンであればWindowsタブレットがいいですし、Macを使っているのであればiPadですね。

また、スマホを使っている人であれば、アプリやデータの連携を考えると、スマホのOSと同じタブレットを選んだ方がいいと思います。

このようにタブレットは、今の環境や用途によって選ぶべきなのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク