痛み止め、頭痛薬に使われるアスピリンはどんな薬?アスピリンには意外な効果が期待されている?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスピリン
皆さんはアスピリンという名前を聞いたことがあるのでしょうか?

アスピリンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)の一つで、痛み止め、頭痛薬、解熱作用などが期待され処方される薬です。

日本でも多くのアスピリンが処方されており、多くの人に処方されている薬の一つにもなります。

☆アスピリンはどんな薬なの?

アスピリンは、鎮痛薬として知られていますが、血栓症の予防として使われることもあり市販薬の中にも含まれてもいることも多く、大抵の人が飲んだことのある薬になります。

市販薬では、バファリンやケロリンなどがアスピリンを含んでいる薬として有名です。

そして、イブやロキソニンなども似たような効果をもっている薬であり、アスピリンと同じ非ステロイド抗炎症薬(NSAID)の一つになります。

アスピリンとは?効能と副作用等を説明。

頭痛

☆アスピリンの凄いところ!?

アスピリンは、鎮痛薬や血栓の予防薬として知られていますが、それ以外の効果もあるといわれており、大腸がんの予防にも効果が期待できるとされているのです。

そのほかにも、AGEと呼ばれる老化を早める物質を体から減らす効果もあるといわれており、老化を遅らせる効果もあると期待されています。

このようにアスピリンは、一般的に知られている鎮痛薬の効果以外の効果も期待されており、これから注目したい薬の一つになります。

アスピリンは昔からある薬ではありますが、意外な効果があることが期待されていうので、これからどのようにアスピリンが利用されるのか注目ですね。

アスピリンが大腸がんに効果がある!
がんとアスピリンの関係についてしりましょう!

アスピリンと加齢黄斑変性
アスピリンは加齢黄斑変性を遅らせる可能性もある?!

薬

☆アスピリンは危険性もある?!

アスピリンには多くの効果があり注目されている薬ではありますが、副作用についても心配されている薬なのです。

アスピリンを飲むことは良いことばかりではなく、良くないところも目を向けたほうが良いでしょう。

胃腸不調や喘息症状などの副作用がアスピリンによって引き起こさせる可能性が指摘されています。

喘息症状がある人は、死の危険性もありますので、アスピリンの服用は避けたほうが良いかもしれません。

NSAID潰瘍
アスピリンの服用はNSAID潰瘍の原因になります。

アスピリン喘息
アスピリンはぜんそくを誘発させるので十分に注意しましょう。

☆アスピリンを服用する時は

アスピリンは、利点も問題点も多くありますので、服用して何か異常が起きないか注意しておきましょう。

また、異常が起きた際は、服用をやめることですよ。

そして、アスピリンには、意外な効果が期待されていますが、現在は、アスピリンは、がん予防、老化対策などの目的では販売されていませんので、これらの効果を期待してむやみにアスピリンを飲むのは控えましょう。

アスピリンを飲む際は、しっかりと、説明書を確認した上で飲み始めることが大切ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク