誰でも簡単に盗聴できる時代になってきている?!だから誰もが盗聴器に気を付けるべき時代?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


緊迫した空気の中「この部屋は盗聴されている!」という言葉を、テレビのドラマや映画などで一度は聞いたことがあると思います。

しかし、現実では、盗聴器のことを気にしたこともないという方がほとんどですよね。

私も普通に暮らしている中で、盗聴器のことを気にもしたことがありませんでした。

いままでの私は、基本、盗聴器と言えば、特別なモノで誰でも手に入るモノでは無い・・・。

そして、盗聴器を使う人と言えば、スパイや探偵、隠密、忍者、変態・・・・。

だから、盗聴器が仕掛けられるのは、特別な人や特別な場所だと思っていました。

社長室や芸能人の家、政治家など、特別な人や場所に盗聴器は仕掛けられるモノだと思っている人が多いと思います。

しかし、そんなことは無いのです。

盗聴器は、誰でも簡単に手に入れることができ、多くの盗聴器が普通に販売されているので、特別なモノではなくなってきているのです。

だから、誰の家にでも盗聴器が仕掛けられている可能性があるといっても過言ではないモノになってきているのです。

○盗聴器は誰でも簡単に手に入れることができる?!

盗聴器と言えば、特別なモノで簡単に手に入らないと思っているかもしれませんが、盗聴器は、なんと通信販売などで、簡単に誰でも手に入れることができるようになってきています。

だから、誰でも、盗聴器を手に入れて盗聴することができますので、逆に誰でも盗聴の被害にあう可能性があるのです。

なんと、日本で年間に販売されている盗聴器の数は、20~40万個とも言われているのですが、発見されている盗聴器は1万個程度と言われています。

だから、発見されていない盗聴器は増え続けている可能性が高く、気づかずに盗聴されている人が増大しているのが現状なのですよ。

盗聴は、テレビドラマのことや特別な人のことではなく、誰もが気を付けておくべきことになっているのですね。

ちょっと、盗聴器のことが恐くなったという方もいるかもしれませんが、実際に盗聴器があなたの近くに潜んでいるかもしれないのですよ。

だから、盗聴器の恐怖に対処する方法も知っておくことが大切だということなのですね。

盗聴器のことが気になるという方は、盗聴器の探し方について知っておきましょう。

○盗聴器は見つからない?!盗聴器の見つけ方

もし盗聴されているかもと気になっても、素人が簡単に盗聴器を探し出すことはできないと思っていますよね。

しかし、盗聴器によっては、家にあるラジオで発見することができるかもしれないのです。

盗聴器はFMラジオの周波数帯を使っていることがありますので、FMラジオを受信できる状態にし、周波数を徐々に変えることで発見することができるのです。

FMラジオから、部屋で鳴っている音が聞こえてくれば、FM式の盗聴器が仕掛けられていることになります。

しかし、盗聴器には種類があり、UHFやVHFなどの周波数帯を使っている場合には、FMラジオでは発見することはできません。

そんなときには、盗聴器発見器が必要なのですが、盗聴器発見器も通信販売などで、簡単に購入することができます。

そして、簡易発見器という低価格で使い方も簡単な盗聴器発見器も数千円で販売されています。

もし気になるという方は、盗聴器発見器を購入して調べてみるのもいいかもしれませんね。

だから、盗聴器が仕掛けられていたという場合は、警察に相談した方がいいと思いますよ。

そして、誰もが基本、盗聴器を仕掛けることはダメだということは理解していると思いますが、相手のことが気になって盗聴器が簡単に手に入るのであれば・・・。盗聴器を仕掛けようと、思うことがあるかもしれません。

しかし、盗聴器を仕掛けることは、犯罪になります。

だから、絶対に盗聴器を仕掛けてはダメですよ。

○盗聴はダメ!!

もし自分が盗聴器を仕掛けられていると知れば、ショックを受けると思いますし、もし知り合いが犯人だと気づけば信頼関係は崩壊します。

そして、盗聴器を仕掛ければ、犯罪者になってしまう場合があるのです。

だから、絶対に盗聴器を仕掛けてはいけません。

例えば、盗聴器を仕掛けるため住居へ勝手に侵入すれば、「住居侵入罪」になり犯罪です。

そして、盗聴器を隠すために家具や家電を改造したりすれば、「器物損壊罪」になり犯罪になります。

また、「有線電気通信法違反」「プライバシーの侵害」「個人情報保護法違反」などの犯罪になる場合もあります。

そして、盗聴は犯罪ということだけではなく、人間としての信用を失う行動になります。

だから、簡単に盗聴器が手に入るとしても、盗聴は絶対にしてはダメだということなのですね。

そして、最近、かなりの勢いで普及してきているスマートフォンですが、そのスマートフォンが盗聴器として利用されることもあるようです。

○スマホが盗聴器になっている可能性がある?!

もしかしたら自分が使っているスマートフォンやタブレットが盗聴器になってしまっていることもあるようなのです。

アプリをダウンロードしたときに、不正の盗聴アプリが仕掛けられて、盗聴される場合があるのですね。

そして、盗聴だけでなく不正アプリによって遠隔操作で個人情報まで抜き取られるということもあるようです。

そして、別に盗聴器で聞かれても問題ないと思っている人もいるかもしれませんが、本当に問題ないのでしょうか?

○盗聴されることの被害は?

盗聴されると気持ちが悪いだけだと思っている人もいるかもしれません。

また、自分は有名人ではないし、別に盗聴器で聞かれても問題ないと思っている人もいるかもしれませんが、本当に盗聴されても問題ないのでしょうか?

そんなことはありません。

盗聴されていることに気づけば、とても恐怖を感じると思いますし、実際には盗聴によるストーカー被害や盗聴によって自宅への泥棒の侵入などの犯罪に巻き込まれる可能性があるのです。

だから、他人事だと思わずに、日頃から防犯対策の一環として盗聴対策も意識する必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク