ネットで喧嘩が強くなる方法を学んじゃう?!でも喧嘩が強くなっても日本ではあまり意味が無いかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


特に多くの男の子は、強さに憧れることがあると思います。

そして、子どものころは、強いことが全てだと思う子もいるほどです。

だから、喧嘩が強くなりたいと、願い、憧れ、努力することもあると思います。

また、大人になっても強さに憧れを抱くことがありますよね。

「強さ」は、特に全ての男にとっての永遠の憧れてあると言っても過言ではないのではないでしょうか?

そんな強さの象徴と言えば、喧嘩の強さですよね。

だから、強さに憧れている方は、喧嘩が強くなる方法を知ってみませんか?

スポンサーリンク

○喧嘩が強くなるためには?!

喧嘩が強くなる方法は、体を鍛えて、技を磨き、そして、喧嘩をすることにつきる。

そんなの誰でもわかると思いますが、それが事実であり真実なのです!!

だから喧嘩に強くなりたければ、やはり、体を鍛えて筋力をつける必要があるのです。

喧嘩に強くなるためには、まずは、筋トレやトレーニングをして筋力や体力をつけることが大切だということなのですね。

そして、喧嘩が強い人は、格闘技などで技を磨いている方が多いのです。

強くなるためには筋力も必要ですが、技によっても強くなることができるということですね。

しかし、格闘技をしている人は、喧嘩を無駄にしませんが・・・。

さらに、喧嘩をするときは、経験値が必要になり、経験が無ければ、筋力や技があっても勝てません。

なぜなら、喧嘩をしたことがあまりなければ、喧嘩のときに無駄に力んでしまい、力を上手く使うことができないからです。

だから、強さが同じ程度の者であっても、喧嘩になった場合、経験がある方が強いということなのですね。

また、心構えや頭が切れることも喧嘩では大切です。

心構えがしっかりしていないと、勝てる勝負でも勝てなくなってしまいますし、頭が切れることは状況判断などで喧嘩を有利にすることもできます。

そして、最後に忘れてはならないこととして、生まれつき体格に恵まれている人の方が、基本のポテンシャルが高いので喧嘩が強くなりやすいのです。

いくら喧嘩が強くなるために努力しても、ポテンシャルが高い人が同じだけ努力をすれば、喧嘩で勝つことは難しいということなのですね。

それも事実だということも理解しておきましょう。

また喧嘩に勝つために武器を使うという方法もあるが、それはやめた方がいいですよ。

なぜなら取り返しのつかない事態に落ちる可能性が高いからですね。

喧嘩が強くるなるための方法を紹介しましたが、強くなりたい方は、喧嘩の強さを求めない方がいいかもしれませんよ。

○喧嘩ではなく格闘技で強くなる方がいいかも?!

鍛えて喧嘩をして喧嘩で強くなるという方法もありますが、法治国家である日本では、理由があろうがなかろうが、喧嘩をして怪我をさせれば、犯罪になりますし、逮捕されることになります。

だから、喧嘩はしない方がいいのですね。

しかし、格闘技で強くなれば、地位や名誉、名声を手に入れることができるかもしれないのです。

いくら強くなっても、正当な場所で戦わなければ、ただの暴力になり、犯罪者になってしまいます。

だから、喧嘩の強さを求めるのであれば、格闘技で強くなり、そして正当な場所で戦った方がいいのですね。

そして、強いということは、抑止力になることもありますので、格闘技で強くなるということはいいかもしれませんね。

それでも喧嘩で強くなりたいですか?そして喧嘩が強くても意味がないかもしれませんよ。

○現在の日本で喧嘩が強くても意味がない?!

戦国時代であれば、強さは正義だという時代だったかもしれませんが、今はどんなに喧嘩が強くても、喧嘩をすれば、すぐに警察に逮捕されてしまいます。

しかし、突然、喧嘩を吹っかけられたり、犯罪に巻き込まれたりなどの不測の事態に陥るかもしれません。

そんなときには、喧嘩で強いということに意味があるかもしれませんが・・・。

しかし、もし誰かに襲われて、喧嘩が強くて相手を叩きのめしても、正当防衛ではなく過剰防衛になる可能性もあり、犯罪者になってしまうこともあるのです。

日本は法治国家であり、法律によって勝ち負けが決まる国なのです。

だから、喧嘩が強くても意味がないことが多いのですね。

そして、喧嘩が強くても、暴力では解決できないことだらけなのです。

強くて喧嘩をして相手を傷つければ、逆に問題が大きくなり大変な事態になることもあります。

そして、喧嘩の強さによって人を従わせても、いつかは裏切られますよ。

また、暴力で解決すれば、もっと酷い暴力などの問題が発生するのです。

だから、喧嘩が強いだけでは意味がないのです。というか、日本で喧嘩の強さは意味がないのかもしれません。

そして喧嘩が強くても、なるべくなら喧嘩は避けた方がいいのですね。

○喧嘩は避けた方がいい?!

喧嘩の強さについて考えてきましたが、結論を申すと、喧嘩は避けた方がいいのです。

なぜなら、喧嘩をしても損はしても得はないからですね。

たかが喧嘩だと思う方もいるかもしれませんが、相手に後遺症が残るような怪我をさせたり、死亡させたりすれば、人生を台無しにしてしまう可能性すらあるのです。

だから、喧嘩は避けるのが一番だということで、喧嘩に巻き込まれそうなときには、逃げるが勝ちなのです。

とはいえ、人間の強さを求める心理は、DNAに刻み込まれた本能なので、この先何千年経っても変わることはないと思いますが・・。

しかし、今の日本では、喧嘩の強さを求めすぎるのは、あまり良いことではないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク