水分補給には「水」が一番?!そして飲み水はミネラルウォーターがいいかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5501
人間の体の、約60%は水分で、筋肉や脳は約75%が水分、血液も約80%、骨も25%は水分なのです。

そして、水分が不足すると体に異常があらわれます。

体の5%の水分が失われると、脱水症状になり、めまいや吐きけなど、様々な症状があらわれます。

そして、体の15%の水分が失われると、生命活動の維持に支障をきたすような状態になり、

さらに体の20%の水分が失われると、身体機能が停止して死亡してしまうのです。

だから、人間の体にとって重要で大切なものは、水分だとも言えます。

〇水は水分補給に最適?!

そんな、水分を何で補給しているでしょうか?

美味しいから、ジュースやコーヒーだという人もいると思いますし、健康のために、青汁やお茶、コンブチャ、牛乳で水分補給をしているという人もいると思います。

そして、水分補給は「水」だという人もいますよね。

ジュースの場合は、糖分が多いので、常時の水分補給にはオススメできません。

そして、カフェインを含む飲み物であれば、利尿作用があるので、水分補給にならないこともあります。

さらに、他の飲み物も飲み合わせや栄養面を考える必要があります。

だから、水分補給のためであれば、やはり「水」が一番良いのではないでしょうか。

・水が健康に良い理由

http://health.hohoron.com/article/%E6%B0%B4%E3%81%8C%E4%BD%93%E3%81%AB%E8%89%AF%E3%81%84%E7%90%86%E7%94%B1-308.html

〇水道水は危険かも?!

日本の水道水は、とても優秀で飲み水にしても問題が無いと言われていますが、やはりある程度の塩素が入っています。

水道水に含まれている塩素の量は、体に悪影響がでないように調節されていますが、それでもお腹を壊す人はいるようです。

もしかすると、常にお腹の調子が良くなくないのは、水道水を飲んでいるからかもしれませんよ。

水道水

そして、水道水には、健康に害が無いと定められている基準値以下だが、アルミ、トリハロメタンという健康に悪い物質も含まれているようです。

さらに、長い間使われ続けている水道管の衛生問題もあるようです。

だから、飲料水は水道水ではなく、飲料用の水を飲む方がいいかもしれません。

そして、飲料用の水を購入するならネットで水を購入した方がいいと思いますよ。

○水をネットで購入した方が良い理由

スーパーなどで水を購入するのもいいですが、毎日飲む水を購入してスーパーから持ち帰るのは、とても大変ですよね。

だから、ネットで水を購入して家まで配達してもらった方がいいのではないでしょうか?

そして、スーパーなどでは、水の品揃えも少なく、欲しい商品がなかったり、値段が高かかっ

たりすることもありますので、ネットで水を購入した方がいいかもしれません。

○一概に水と言っても成分が違う?!

水と言っても、産地などによって成分の違いがあります。

水には、含まれるミネラルの量などによって、硬水と軟水に分けることができ、水によって少しずつ味が違うのです。

軟水は、口当たりが良く飲みやすいため、薬を飲むのに適しています。

対して硬水は、しっかりとした味わいがあり、軟水よりもミネラル分が多いという特徴があるのですね。

人によって好みが違いますので、美味しく飲みやすい水を探してみてはいかがでしょう。

・水には硬水と軟水がある!硬水と軟水の違いは何なの?

http://baquun.net/post-1217/

〇水は命の源!!

水は生きて行くためにとても大切なものです。

水道水で簡単に水を飲める状況にある日本では、水の重要性に気づいていないと思いますが、

世界では、水がとても貴重だという所が多いのですよ。

ミネラルウォーター

日本でも、もし災害にあったときに水の大切さを知ることになります。

だから、もしもの災害時のときのために、水を備蓄しておくことも大切ではないでしょうか?

〇水をネットで購入できるサイト

・楽天市場-「水・ミネラルウォーター」

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/-/201351/

・価格.com – 水・ミネラルウォーター

http://kakaku.com/drink/water/

・ミネラルウォーター専門店 AQUA STORE

http://www.aquastore.jp/

人間の主成分である水分は、「水」で補給した方がいいと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク