「水素水」で、いつまでも若々しく健康な体を手に入れよう!水素水で悪玉活性酸素を除去し老化や病気を予防できるかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水素水
最近、よく「水素水」が体に良いと耳にするのですが、皆さんは「水素水」をご存じでしょうか?

「えっ水素水? どんな水?」と思われる方もおられると思います。

雑誌やテレビなどでも頻繁に取り上げられている「水素水」ですが、なぜそんなに注目されているのでしょうか?

スポンサーリンク

「水素水」とは?

簡単に説明すると、水素分子が高い濃度で含んでいる状態の水のことをいいます。

では、この水素がたくさん溶け込んだ「水」にどのような効果があるのでしょうか?

「水素水」の効果

私たちは、生きていく上であたりまえのように呼吸をしています。

呼吸をすることで、体内に酸素を取り入れるのですが、このとき取り入れた酸素のうち約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素といっても種類があり、とても殺菌力が強く、体内で細菌やウイルスを退治する重要な役割を担っている「善玉活性酸素」と、活性酸素が必要以上に増えることで、健康な細胞にまで影響を与えたり、体内を酸化させてしまったり、病気や老化の引き金となる「悪玉活性酸素」があります。

できることなら、身体に悪影響をもたらす悪玉活性酸素だけを取り除きたいと思いませんか?

そこで、注目されたのが「水素水」です。

水素は「善玉活性酸素」とは、結合しにくく、ありがたいことに「悪玉活性酸素」と結びつきやすいのです。

だから「水素水」を体内に取り入れることで、病気や老化の原因の一つである「悪玉活性酸素」と水素が結びつき、水になって無害化され、汗や尿となって体外に排出されていきます。

なんとなく理解していただけたと思いますが、水素水によって体に悪影響を及ぼすヤツが無害化される可能性があるということなのですね。

水素

では「悪玉活性酸素」を取り除くことで、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。

〇老化を抑制する。美肌効果

体内に存在する悪玉活性酸素は細胞を攻撃して劣化させてしまう性質があり、悪玉活性酸素が溜まると細胞劣化が激しくなり細胞の老化に繋がってしまいます。

細胞の老化が早まると内臓機能を低下させる場合やがんを発生させる場合もあります。

さらに、老化は体内だけでなく肌にも表れてくるため、肌の環境が悪化してシワやシミなどの発生にも繋がります。

水素水は細胞の劣化の原因となる悪玉活性酸素を体の外に出す性質がありますので、老化の抑制効果と美肌効果が期待できます。

〇ダイエット効果

水素には、抗酸化作用以外にも、細胞内のミトコンドリアを活性化する作用があり、脂肪燃焼の効率がよくなります。

また、メタボや肥満につながるドロドロ血をさらさらにする効果があり、基礎代謝を向上させ痩せやすい体質へと変化させます。

ダイエットには辛い運動や食事制限を伴うものが多いため、長続きできなくて挫折してしまう人と多いですが、水素ダイエットは無理な食事制限をしていませんので、継続できるのではないでしょうか。

〇アレルギー症状の改善

アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー症状は、とても不快ですよね。

アレルゲンとなる物質が体内に侵入することによって、抗体が体を守るために反応し炎症を起こし、かゆみや不快症状が起きます。

アレルギー反応によって炎症が起きた場所では、大量の活性酸素が発生します。この活性酸素は、さらに炎症を促進し、アレルギー反応の悪循環に陥るのです。

しかし、この悪循環を断ち切ってくれる救世主が「水素水」です。

水素水を摂りいれることで、水素は活性酸素と結びつき無害な水に変え体外へ排出、結果、活

性酸素を減らすことで炎症を抑えてくれるのです。

水素水

これだけの効果が期待できる水素水を健康のために購入したいと思う人も多くいると思います。

そんな方のために水素水を選ぶときのポイントを紹介しておきますね。

「水素水」を選ぶポイント!

こんなに体に良いものなら、体内にたくさん摂りいれたいですよね。

ですから、水素水の中に、どれだけ多くの水素が含まれているかが、水素水を選ぶポイントとなります。

しかし、「水素水」には、水素濃度を保ちにくくする最大の欠点があるのです。

それは、水素が宇宙一軽くて小さい分子ということです。そのため、たいていの容器では簡単に通り抜けてしまうのです。

よって、充填時に2.0ppmと記載された水素水も、実際に飲むときには、水素濃度がほぼゼロなんてことも起きるのです。

健康に良いと思って、飲んだ水素水には、まったく水素が入っていなかったなんて、残念なことこの上なしですね。

では、どんな「水素水」を選べばよいのでしょうか?

× ペットボトル・・・充填と同時にペットボトル全体からどんどん水素が抜け始め、数日ですべての水素が抜けきってしまいます。スーパーなどに陳列された際にはもちろんのこと、私たちが口にしたときは、水素が入っていない「ただの水」になっていることでしょう。

△ アルミ缶・・・アルミニウムは、水素を通過させないのですが、残念なことに缶の中で空間に水素が抜けてしまいます。缶内に水素はあるのですが、缶の栓を開けた途端、水素が一気に放出されてしまいます。やはりこちらも水素がほとんど入っていない「水」を口にすることになりそうです。

△ アルミパウチ(飲み口あり)・・・アルミパウチは水素が抜けにくいのですが、キャップ部分がプラスチックなため、そこから徐々に抜けていきます。ペットボトルのように全体から抜けるのではないのですが、こちらも約半年くらいで水素濃度がゼロになるようです。水素を充填してから、私たちの手元に届くまでの日数を考えると水素の濃度は期待できませんね。

〇 アルミパウチ(飲み口なし)・・・飲み口のないアルミパウチは、水素が抜けにくく、充填時からの水素濃度を保つことができます。真空充填、完全密閉されたアルミパウチもあり、とてもオススメです。





そして、水素水を作れる機械がありますので、それを購入するという方法もあります。

しかし、水素水を作れるマシーンは、ちょっと値段が高いので、まずは低価格で購入できる水素水で効果を実感してみた方がいいと思います。

水素水のまとめ

私たち人間の体の中では、毎日「活性酸素」が作られています。

そして「活性酸素」は、老化を始め、様々な病気などの原因となっています。

生活の中に「水素水」をとりいれることで、活性酸素を除去し病気を未然に防ぐ効果がある可能性があるのです。

ぜび、おいしい水素水を飲んで、健康で若々しい体で手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク