もし交通事故を起こしたときにはどうする?!ネットで交通事故を起こさないための方法と対処方法を学ぼう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故
誰もが交通事故を起こしたくありませんよね。

でも、自転車やバイク、車を運転する場合、交通事故を起こす可能性は誰でもあります。

なので、交通事故を起こしてしまうのは、仕方が無いと思うしか無いのかというと、そうではありません。

多くの交通事故は、交通事故に対しての意識の持ち方を知って、注意して気を付けることで回避することができるのです。

だから、多くの交通事故は、未然に防ぐことが可能だといえるのですね。

まずは、交通事故を起こさないためにも、交通事故を起こしやすい人の特徴を知ってみましょう。

〇交通事故を起こしやすい人の特徴

1. すぐにイライラして怒りっぽい人。
2. 危険な運転を好んでする人。
3. ルールを守らない人。
4. 自己中心的で相手のことを考えない人。
5. たぶん大丈夫だと安易に考える人。
6. 注意散漫な人
7. 焦りやすい人

こんな感じで交通事故を起こす人には特徴があるのです。

もし交通事故を起こしやすい人の特徴に当てはまる人は、特に注意が必要だということですね。

交通事故を起こさない

では、交通事故を起こさないために知識を身につけちゃいましょう。

☆交通事故を起こさないための知識

まずは、交通事故を起こさないための基本について説明します。

知っていると思いますが、再確認のために交通事故を起こさないために大切なことを紹介します。

1.速度を抑えて車間距離を十分にとって運転する。

速度を出して無理な追い越しをすれば、交通事故の原因にもなりますし、車間距離を十分にとっておけば、防げる交通事故があります。

2.周りの状況をきちんと確認して運転する。

路面の状況や人通りなどによって、交通事故の可能性が変わりますので、周りの状況によって速度や注意点を考えて運転することで、交通事故を起こさなくてすむのです。

3.嫌なことがあってイライラしているときや疲れているときには運転をしない。

交通事故を起こさないためには、いろいろなことに注意して集中して運転する必要がありますので、イライラしているときや疲れているときに運転すると交通事故を起こす可能性が高くなるので、そんなときには運転しなければいいのですね。

4.最悪の事態を想定して運転する。

例えば、あの小道から子供が飛び出してくるかもしれない。無理して対向車の車が曲がるかもしれない。などと、最悪の事態を想定して運転することで、最悪の事態にも対応することができる可能性が高くなるので、交通事故になる可能性を低くすることができるということです。

5.焦らない、急がない、怒らないで運転する。

誰もが焦ったり急いだり怒ったりすると判断ミスをしやすくなります。
運転中に判断ミスをすれば、やはり交通事故になる可能性が高くなるので、焦ったり、急いだり、怒って運転してはダメだということですね。

交通事故を起こさないためには、上記のことに注意して運転することが大切になることを再確認しておきましょう。

交通事故の原因

では、交通事故の原因についても知っておきましょう。

〇交通事故の原因は?

大まかに交通事故の原因としては、1位は安全不確認、2位は脇見運転、3位は動静不注視、4位は漫然運転というデータがあります。

安全不確認が原因の交通事故とは、十分な安全確認をしないことで起きる交通事故です。

脇見運転は、その名の通り「脇見」をして運転しての交通事故です。外の気になる物を見ていたり、カーナビや携帯電話などによって脇見をして事故に遭遇するのですね。

そして、動静不注視は、危険に気づいていたけど、危険を軽くみて注意しなかったことによって起こる交通事故です。例えば対向車が止まるだろうと勝手に思って注意を怠って起こる交通事故です。

漫然運転は、その名の通り「ぼんやり」しながら、漫然な状態で運転することで、そんな状態だと交通事故を起こしちゃいますよね。

そして、なんと今紹介した1位から4位で交通事故の全体の65%を占めているのです。

こんな感じで交通事故の大半は、ちょっとした不注意による交通事故なのですね。

交通事故の原因を知って気を付ければ、多くの交通事故を未然に防げることを理解していただけたと思います。

では、次に交通事故が起きやすい状況も知っておきましょう。

〇交通事故が起きやすい状況を知ろう!

交通事故は、どんなときでもどこでも起きる可能性はありますが、交通事故が起きやすい状況はあります。

だから、交通事故が起きやすい状況を知って気を付けることで交通事故を起こすリスクを低くできるのです。

では、交通事故が起きやすい状況を学んじゃいましょう。

雨や雪、霧が発生しているような天候のときには、交通事故を起こす可能性が高くなります。

なぜなら視界が悪くなりますし、雨や雪の場合は、路面が滑りやすくなりブレーキの効きが悪くなるからですね。

そして、交通事故が多い時間帯は、朝8時頃である通勤時間と夕方17時頃からの帰宅時間となっています。

それは、交通量が増えるのが一番の理由ですが、朝の通勤時間は慌てることが多く、夕方は視力の低下や疲れも要因の一つといわれています。

また、交通事故が起きる場所は、交差点や沿道沿いのお店への入り口などが多いようです。

なぜなら、交差点は車が行き交う一番運転が難しい場所ですし、沿道沿いのお店に急に入る車に気づかずに追突や急に出てくる車にぶつかるなどがあるからですね。

こんな感じで交通事故が起きやすい状況があるので、そのような状況のときは特に注意して運転することが、交通事故を未然に防ぐことに繋がるのですね。

交通事故が起こったときの対処法

いろいろと交通事故を起こさないための知識を紹介しましたが、やはり完璧な人間はいないので、注意しているつもりでも、交通事故に遭遇することはあります。

だから、交通事故が起きたときの対処方法も学んでおきましょう。

〇交通事故が起きたときの対処方法

もし交通事故を起こしてしまった場合には、多くの人は気が動転してしまうので、普通にできる適切な対処でもできなくなります。

だから、普段から、もしものときのことを考えて、事故を起こしたときに、何をすればいいのかを知っておくことが大切なのです。

・交通事故を起こしたときにすること

まず事故を起こしたときに最初にすることは、負傷者の救護をして救急車を呼ぶことです。

そして、次に警察へ事故を起こしたことを連絡しましょう。

次は、現場保存も大切ですが、二次被害を起こさないためにも、できれば車を横に寄せたりしましょう。

後は、警察が来たら、状況を詳しく説明する必要があります。

そして、保険会社にも連絡をしましょう。

ここまで終われば、後は、警察や保険会社の指示に従って手続をしていくことになります。

そして絶対に逃げてはいけません!!

気が動転してその場から逃げ出したい気持ちになるかもしれませんが、逃げれば状況がドンドン悪くなってしまいます。

もし、交通事故で人に怪我をさせて逃げれば、 救護義務違反( 道路交通法72条 )に該当しますので、違反点数23点と5年以下の懲役、または50万円以下の罰金が追加されます。

そして、物にぶつかって逃げた場合も、当て逃げ ( 報告義務違反 )に該当しますので、違反点数5点3 ヶ月以下の懲役、または5万円以下の罰金が追加されます。

だから、どんな理由であれ、ひき逃げ や 当て逃げ は、状況がもっと悪くなるので絶対にしてはダメだということです。

・交通事故を起こしてしまったときの対処法 | 自動車トラブルマニュアル

交通事故は、自転車やバイク、車を運転する誰でも起こす可能性があります。

だから、自分は大丈夫だと思わすに、交通事故を起こさないために学び、きちんとルールを守って、交通事故を起こさないように注意して運転することが大切です。

そして、注意していても、交通事故は起きる可能性があるので、もし交通事故を起こしたときには、きちんとした対処をすることが大切だということですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク