便利だけどクレジットカードは危険?!クレジットカードを不正利用されないための対策&不正利用に対処するための知識!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの不正利用
クレジットカードの不正利用をされたことがありますか?

ニュースなどでクレジットカードの不正利用に関しては聞いたことがあるけど、クレジットカードを利用している多くの人は不正利用されたという経験がないと思います。

私の家族も数十年クレジットカードを利用していますが、不正利用をされたことはありませんでした。

しかし、ついに私の妻のクレジットカードが不正利用されたのです。(゜Д゜)

なぜ気づいたかというと、近所のスーパーマーケットでクレジットカードを使おうとしたときに使えなかったのです。

そして、カード会社に電話で連絡をしてみると、磁気不良だと思いますとの答えが返ってきたのです。

その時は、納得したのですが、その次の日にネットショッピングでクレジットカードを利用しようとしたけど、やはりクレジットカードが使えない状態でした。

磁気不良なのに、ネットでもクレジットカードが使えないのはおかしい・・・。と思い、気になったので、WEBで明細書を確認したところ、身に覚えの無い使用状況を発見!!

いつもは、基本、一回払いにしていたのですが、リボ払いになっており、数十万円の身に覚えの無い金額が!!

これは「クレジットカードの不正利用?!」と思い、すぐにカード会社の緊急連絡先に電話して確認した結果、不正利用のようで、不審な取引なので自動でカードが使えないようになっていたようです。

また、何度か不正利用をしようとした痕跡もあったようです。

なぜ、最初に確認したときに磁気不良だという答えが返ってきたのかは疑問のままですが、すぐに手続をして、新しいカードを発行するための書類を送ってもらいました。

そして、不正利用なので保険により全額を補償してくれるとのことだったので、一安心したのです。

そんなことがあったので、クレジットカードの不正利用について調べてみることにしたのです。

まず、クレジットカードの不正利用について調べて見ると、私の場合は、電話だけで簡単な手続ですみましたが、不正利用の確認のために、警察や他のサービス会社などへ連絡したりと、とても手間がかかる場合もあるようです。

そして、やはりクレジットカードを不正利用されると気分が悪いですし、手続やクレジットカードの再発行などの時間がかかるので面倒です。

だからクレジットカードを不正利用されないために対策をしておくことが一番重要なのですね。

クレジットカード

〇クレジットカードを不正利用されないための対策

クレジットカードを不正利用されても、基本、問題なく使用していれば、不正利用された金額は補償されますが、不正利用されると手続も面倒です。

だから、不正利用されないための対策を講じておくことが大切なのです。

クレジットカードが不正利用される手口としては、カードの盗難やスキミング、フィッシング詐欺や個人情報の漏洩などがあります。

カードの盗難については、盗難されないために貴重品の管理は万全にすることです。

そして、スキミング対策としては、クレジットカードを利用する場所を選んで、スキミング防止グッズを利用ですね。

フィッシング詐欺の対策としては、フィッシング詐欺対策のソフトを利用して、きちんとサイトのアドレスを確認してカード情報を入力することで対策することができます。

ネットで個人情報の漏洩対策としては、ウイルスソフトを利用して、悪質なサイトでないかを見極める必要があります。

ワンクリック・フィッシング詐欺に注意!ネットの詐欺を知って騙されないために知識を身につけよう!

便利なネットショッピングには危険が潜む?!ネットショッピングの危険とトラブル回避術を学んどく?!

きちんとクレジットカードを不正利用されないために対策をしていますか?

もし対策不足だと感じる人は、きちんとクレジットカードを不正利用されないために対策をしましょう。

カード

そして、クレジットカードを不正利用された場合は、絶対に補償されるとは限らないことも知っておきましょう。

〇不正利用されても保険が適用されない?!

クレジットカードを不正利用されたときでも、下記にあてはまる場合は、保険が適用されないことがあります。

1. カードの裏面にサインが書いていない場合
2.カードを他人に貸したり、カード情報を使用させたりした場合
3.会員の関係者(家族)が利用した場合
4.不正利用が発生してから期間が経ち過ぎている場合
5.カードの暗証番号が漏洩していたり推測されやすい場合

だから、上記のことを十分に注意いてクレジットカードを利用することが大切なのです。

クレジットカードの発行会社によって規約が違いますので、きちんと確認してクレジットカードを選びましょう。

不正利用

しかし、どんなに注意や対策をしていても、クレジットカードを不正利用されてしまう可能性はあります。

絶対にクレジットカードの不正利用をさせないためには、クレジットカードを発行しないしか方法がないのですね。

クレジットカードを持たないという手段を選ぶのもいいですが、やはりクレジットカードは便利ですし、現金を持ち歩くより安全だと思う人もいますよね。

だから、クレジットカードを持つのであれば、不正利用に対処するための知識を身につけておけばいいのです。

〇クレジットカードの不正利用に対処するための知識

どんなに注意や対策をしても、クレジットカードを不正利用されることがあるかもしれません。

基本、クレジットカードには、盗難保険などが付いており、期間内であれば不正利用された金額は補償されます。

盗難保険の補償期間については、カード会社により若干の違いはありますが、基本、カード会社からの利用明細書の送付、またはインターネットによる通知後『60日以内』であれば保険が適用されます。

ただし、60日以上前の場合でも保険が適用される場合があるようなので、申請期限が過ぎていても諦めず、一度カード会社に連絡をしてみましょう。

だから、盗難保険で補償してもらうためにも、クレジットカードの不正利用に早く気づくことが大切なのです。

60日あれば大丈夫だと思う人も多いと思いますが、毎回、きちんと利用明細書を確認していますか?

クレジットカードの不正利用をされたことがない人は、クレジットカードを使い始めた頃には、利用明細書を確認していたと思いますが、慣れてくると確認していない人が多いようです。

特にWEBの明細だけで、利用明細書を送ってこない場合は、気づくのに送れて被害も大きくなりますし、保険で適用されない期間になっている場合もあるようです。

だから、クレジットカードの不正利用で被害に遭わないためにも、クレジットカードの利用明細書は確認しましょうってことですね。

そして、カード会社によっては、カード利用お知らせメールなどのサービスを提供している会社もあります。

携帯電話のメールに通知するようにしておけば、不正利用されたときもすぐに気づくことができますね。

クレジットカードを利用するのであれば、きちんと利用明細書を確認することが大切なのですね。

カードの明細書確認

もしクレジットカードの不正利用に気づいたら、すぐにカード会社に連絡です。

そうすれば、手続方法を教えてくれます。

今回の出来事でクレジットカードの危険性を再確認しました。

しかし、きちんと対処をすれば、不正利用された金額は保険で補償してもらえるので、クレジットカードはこれからも利用していこうと思います。

クレジットカードは、きちんと利用して利用明細書を確認すれば、安全に使うことができるのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク