子供の頃から金融教育は必要かも?!大人も金融知識を身につけることで未来を変えることができる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融教育
日本では、お金儲けやお金に対して、悪いイメージを持っている人が多いといわれています。

なぜ、お金儲けやお金に対して悪いイメージを持っているのか?

それは、政治と金問題、詐欺、借金地獄、賄賂、脱税などのお金に関する犯罪や問題を、日々ニュースなどで報道されているからではないでしょうか?

そして、ドラマなどでもお金持ちは、横柄で貧乏人を見下しているように演じられることが多いように感じます。

そんなこんなで、一般人の多くは「お金持ち=悪い人」という感じになり『お金を稼ぐやつは悪いヤツだ!』というイメージになってしまっているのでしょう。

しかし、お金を稼ぐために、日々、会社で頑張って働いている人は、勤勉で素敵な人?!

お金を稼ぐために働くことは良いことだけど、お金を稼ぐ人は悪い人という無茶苦茶な価値観になってしまっているのです。

多くの人は、お金は大好きだけど、お金に悪いイメージを持っているという不思議な現象が生まれているのです。

だから、お金の話をすると、嫌なヤツだと思われたり、汚いヤツだと思われたりするのです。

しかし、お金が無くては生きていけないので、お金に関する知識はとても重要なのです。

学校では、計算方法は教えてくれるけど、お金に対しての知識を教えてくれません。

お金に対しての知識がないからこそ、お金に対するイメージが悪くなっているのだと思います。

だから、お金に対しての知識を身につけることが大切ではないでしょうか?

お金

〇お金持ちは悪い人ではない?!

お金持ちの人が悪いのではなく、悪い人がお金持ちになれば悪い人なのです。

貧乏人でも、人を騙したり、陥れたりと悪い人はいますよね。

真面目に働いて、お金持ちになっている人も多くいますし、お金持ちの人が会社をすることで、多くの人が働く場所を得ているのですよ。

だから、お金持ちの人がいるから、多くのお金持ちでない人が、生活ができるのです。

そして、多くの人がお金持ちになりたいと思っているはずです。

そのお金持ちになりたいと思う気持ちが、努力をする力になり、やる気の元になるのではないでしょうか?

誰もが悪い人になりたいのではなく、お金持ちになりたいと思って頑張ると思います。

だから、お金持ちの人が全て悪い人ではなく、お金持ちの人の中にも悪い人がいるというのが事実なのですね。

しかし、お金持ちになると、勘違いしてしまい横柄な態度をとる人もいますし、お金によって人が変わる人がいるのも確かです。

それは、金融知識が乏しいことも原因だと思います。

なぜならお金と向き合わなかったことで、お金の魔力に取り憑かれてしまっているのではないでしょうか?

そして、お金持ちの人への僻みや嫉みによってお金持ちの人が悪い人だと思ってしまう人もいるのだと思います。

しかし、お金が悪いのではなく、お金持ちが悪い人だというわけではないのですね。

子供とお金

でも、特に子供の前では、お金の話はダメだと思っている人も多いと思います。

子供の頃からお金のことを学んでおくことも大切なのではないでしょうか?

〇子供にお金の話はタブ-?!

多くの家庭では、子供の前でお金の話をするのは、タブー!ダメだという風潮がありますよね。

もちろんお金のことで両親が子供の前で喧嘩をするのはいけません。

しかし、ある程度の年齢になれば、お金の大切さやお金を稼ぐことの難しさを教えることは大切ではないでようか?

家庭で教えなくてもと思うかもしれませんが、現在、学校では、計算方法を教えてくれますが、金融の知識を教えてくれません。

子供だからといって、お金に関すること知らずに育つと、厳しい社会に出たときに苦労しますし、大きな失敗をする可能性も高くなるのです。

お金を稼ぐために就職して働くと思いますが、お金に対する知識が無いことで、足元を見られて搾取し続けられるかもしれません。

お金に無知な大人になれば、その子が苦労することになるのですね。

だから、ある程度の金融知識を子供のころから学んでおくことも大切だということなのです。

子供の前でお金の話はタブーだと思わずに、大切な子供のためにも、子供にお金の大切さやお金の使い方、お金を稼ぐための知識などを学ばせてみてはいかがでしょう!

お金が無い

〇金融教育で子供の将来を変えることができるかも?!

ネットカフェ難民やワーキングプアなどという言葉を耳にしたことがあると思います。

ネットカフェ難民とは、定住する住居が無い、ホームレスの一種ですが、寝泊まりする場としてインターネットカフェを利用する人のことをいいます。

ワーキングプアとは、 普通に働いても貧困から抜け出せない人のことをいいます。

なぜ、ネットカフェ難民やワーキングプアのような問題が生じるのか?

景気が悪いのも理由の一つですが、金融教育も理由の一つだと思います。

金融の知識を身につけていれば、多くの人は、ネットカフェ難民やワーキングプアにならないのではないでしょうか?

自分の子供が、ネットカフェ難民やワーキングプアになって困らないためにも金融教育は必要なのですね。

金融の知識

〇金融知識は生き抜く知恵?!

金融の知識を身につけることは、社会で生き抜く知恵を身につけることになるのですよ。

金融に無知だと、騙される可能性も高くなりますし、失敗する可能性も高くなるのです。

金融の詐欺など、金融の知識が無いことで、人生を台無しになる場合もあるのです。

人間社会で生きていくためには、ほとんどの人が、お金が必要になりますよね。

お金を使う・お金を貯める・お金を稼ぐ・お金を借りるなど、生活していくためには、誰もがお金と切っては切れない関係があるといえます。

完全に自給自足で生きている人であれば、お金の知識は必要ではないかもしれませんが、日本では完全に自給自足をしている人がどれだけいるでしょうか?

そして、たとえ自給自足をしたとしても、やはり、人間社会で生きるためには、ある程度の金融知識を身につけておくことは、人生の役に立つはずなのです。

だから、人間社会を生き抜くためにはお金の知識は必要だということになります。

〇まだ大丈夫?!今からでも金融知識を身につけよう!

子供の頃から金融知識を身につけた方がいいのは確かですが、大人であっても金融の知識を身

につけることで、未来を変えることができます。

まずは、金融について知りたいと思うことが大切です。

下記のサイトで金融の知識を少しずつでも学んでみませんか?

man@bowまなぼう

http://manabow.com/

金融経済について楽しく学ぶためのサイト。

[マネー] All About
家計管理の方法や教育資金・住宅資金・老後資金の作り方、金融機関や金融商品の選び方まで。

金融と経済のしくみ : 知るぽると

金融知識を身につけることで、厳しい社会で生き抜く力を手に入れることができます。

お金儲けは悪いことではありませんし、お金は汚いものでもありません。

きちんとお金と向き合い、お金のことを知ることで、未来を変えることができるのです。

金融知識を身につけて、素敵な未来を手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク