治験って知っていますか?治験は世のため人のためになるボランティア!さらにお金も貰える?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

治験
私は以前から知っていましたが治験(ちけん)って聞いたことがあるでしょうか?

そして、治験を知っている人は、治験にどんなイメージを持っているでしょうか?

治験のイメージといえば、ヤバイ薬を投与されて危険だという悪いイメージを持っている人もいると思いますが、基本、実際に人での治験をするまでに何度も厳しい調査をして安全性を確かめています。

そして、治験は医師・看護師が監修して病院でするので、もしも異常が起きた場合でも、すぐに適切な処置をしてくれるのです。

だから、治験のイメージは、実際とは違うモノなのではないでしょうか?

そして、治験はボランティアであり、世のため人のためになっているのですよ。

治験のイメージ

スポンサーリンク

〇治験ってどんなモノ?!

治験とは、国から薬や医療機器として医薬品医療機器等法上の承認を受けるために行う臨床試験のことです。

そして、病院で使われている薬や医療機器は、「治験」を経て、効き目と安全性が確認されることで発売されているのですね。

だから、治験をすることによって、医療が進歩して、多くの人の命が救われているということなのです。

そして、治験というと安全性について気になると思いますが、治験の安全性を高めるために治験を行う施設は、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という規定で定められた要件を満たした病院だけで行われます。

治験が行える要件としては、医療設備が整っていて、十分な医師・看護師・薬剤師が揃っているなどがあり、基本、大学病院や大規模病院などの設備、人材が豊富で緊急時にきちんと対処できる病院で治験が行われるのですね。

だから、治験は安全性を考えて行われる臨床試験なのです。

治験のイメージが少しは変わったでしょうか?

治験は、世のため人のためになり、安全性も考えられて行われているのですね。

治験に参加する人が少なければ、医療が進歩していきませんので、治験に少しでも興味を持ってもらえれば幸いです。m(_ _)m

とはいえ、治験は、それなりのリスクがありますが、リターンもあるのです。

治験

治験は、ボランティアという自らの意思で参加するモノですが、協力費というお金を貰うことができるのですよ。

〇治験はボランティアだけどお金が貰える!?

治験は、ボランティアですが、お金が貰えるのです。

ボランティアは、無償でするモノだと思っている人が多いと思いますが、ボランティアは、無償だとは限らず、有償のボランティアも存在します。

ボランティアとは、自らの意志により参加した志願兵のことを指した言葉ですが、現在は自主的に社会活動などに参加して奉仕活動をすることを指すようになってきたのです。

日本では、ボランティアは無償というイメージが強いですが、諸外国では有償のボランティアが当たり前の国も多くあります。

ボランティアだから無償だという考え方は、日本人の常識かもしれませんが、自分の意志で参加して世のため人のためになれば、有償でもボランティアなのですね。

治験に協力することで得られる金額ですが、交通費と協力費になります。

交通費は、治験を受ける場所によって変わりますし、基本、実費程度になります。

協力費については、1日1万円~1万5千円程度になります。

人によって協力費は、高いと思う人もいれば安いと思う人もいると思いますが、金額だけではなく、治験は世のため人のためになるボランティアだということを忘れないでください。

多くの人の命を救うお手伝いをできる治験というボランティア精神を持っている人は、治験に参加してみてはいかがでしょう。

治験に参加する?

では、本気で治験に参加してみようと思った方は、治験に参加する方法を学んじゃいましょう。

〇治験に参加する方法

治験に参加してみたいけど、どうすれば治験に参加できるの?

治験に参加するためには、いくつかの方法がありますが、一番簡単に自分にあった治験を見つけることができるのが、治験を探せる治験紹介サイトです。

治験紹介サイトに登録することで、自分が参加できる治験を見つけることができるのですね。

☆治験を探せるサイト達

治験に参加してみようと思った方は、下記のサイトで自分に合った治験を探しちゃいましょう。

治験や臨床試験のモニター参加なら日本最大のVOB!

http://www.vob.jp/

クリニカルボランティアサポート

治験情報V-NET

e治験.com

治験No.1の生活向上WEB

〇治験の流れも学んどく?!

治験に参加するのに気になるのが、どんな流れで治験に参加するのか?ってことではないでしょうか。

そんな方のために簡単に治験がどのような流れで行われるのかを紹介しておきますね。

治験を探せるサイトに登録して、自分が気になる治験を探して応募すれば、治験に参加するための手続などの連絡がきます。

そして事前検診などを受けて、治験に参加する資格があると判断されれば、治験に参加することになります。

簡単ですが、治験に参加する流れはこんな感じです。

治験に参加

〇治験の期間は?

日帰りの治験もありますし、長期間の治験もありますが、健康な人を対象とした治験は、数日から1ヶ月程度の入院試験が中心になります。

そして、疾患を持っている人を対象とした治験は、通院タイプが多く、月に1回〜2回の通院を半年から1年間程度続ける条件の募集が多いです。

〇治験が行われる場所は?

「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という規定で定められた要件を満たした病院になりますので、首都圏や関西圏といった大都市での募集が中心ですが、九州や北海道をはじめとする地方都市においても治験の募集は行われています。

ボランティアの数が足りていない現状がありますので、交通費支給で地方からの参加募集もされています。

〇治験は途中でも辞めることができる?!

世のため人のためだと思い、志を持って治験に参加したとしても、家庭の事情で辞めなければならなくなる場合や、辞めたくなることがあるかもしれません。

そんな時には、治験を途中で辞めることができます。

治験を途中で辞めたことにより、何らかの不利益を受けることはないので治験を途中でも辞めることもできるのですね。

では、治験のメリットとデメリットを確認しちゃいましょう。

〇治験のメリット・デメリットまとめ

☆治験のメリット

・世のため人のためになる。
治験をすることで、薬の安全性や効果を確認することができるので新薬が発売されます。
だから治験は世のため人のためになるのですね。

・お金が貰える。
治験はボランティアですが、給料は貰えませんが有償ですので協力費を貰うことができます。
治験をするためには、交通費や時間が必要になりますので、それに対する費用が貰えるのですね。

・無料で健康診断ができる。
治験に参加するためには、検査が必要になりますので、健康診断のような検査をすることになりますので、無料で健康診断をしてもらえることになるのです。
しかし、自分が気になる部分の健康診断を受けることはできませんけど・・。

・無料で新薬などの治療を受けることができる。
治験には、健康な方が参加する治験もありますが、高血圧や喘息などの症状がある人が受ける治験がありますので、治験に参加することで、新薬などで治療を無料でしてもらえることができます。

☆治験のデメリット

・予想できない副作用がある可能性がある。
基本、安全性を確かめて治験を行いますが、副作用などがある可能性はゼロではありません。
しかし、緊急時にきちんと対処できる病院で治験は行われるので、危険性は低いです。

・生活のルールを守る必要がある。
治験に参加すれば、ルールを守って生活する必要がありますので、好き勝手な生活ができません。
だから、我慢することも多くなるのですね。

こんな感じで治験には、メリットとデメリットが存在しているのですね。

そして、治験を探すときに気を付けて欲しいことがあります。

〇治験詐欺に気を付けて?!

高額アルバイト・簡単に稼ぐなどで、ネット上で検索すれば、治験の情報が表示される場合があります。

しかし、そのような検索の中には、詐欺サイトが紛れ込んでいる可能性があります。

いわゆる治験詐欺ですね。

・好条件の治験を紹介しますので紹介料が必要です。
・会員登録有料ですが、会員様には好条件の治験を紹介致します。

などのお金を支払う必要があるという治験紹介サイトは、基本、詐欺サイトです。

治験を紹介するサイトは、無料で登録できますし、治験に参加するためにお金が必要になることはありませんよ。

治験

〇治験に参加してみる?

治験は、世のため人のためになるボランティアなのですね。

そして、デメリットもありますが、それに負けないメリットもあるのです。

治験によって、多くの人の命を救うことができている事実を知ってどう思いましたか?

無理に治験に参加する必要はありませんが、治験に参加して社会貢献をしたいと思った方は、治験に参加してみてはいかがでしょう?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク