パチンコ・パチスロに依存していませんか?もし依存していると思えば最悪の事態に陥る前に脱却した方がいい?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

114011
暇な時間があれば何をするでしょうか?すぐにパチンコやパチスロと思い浮かんだ人は、注意が必要かもしれませんよ。

パチンコ・パチスロ依存症やギャンブル依存症という言葉を聞いたことがあると思いますが、自分は大丈夫だと思っていても、もしかしたら軽度の依存症になっているかもしれないですよ。

なぜなら、日本はギャンブル依存症の人が多く、成人の20人に1人である約4%がギャンブル依存症であるというデータがあるようです。

ギャンブル依存症を身近に感じてなかったかもしれませんが、思った以上に多くいて、誰でも簡単になってしまうものなのです。

パチンコ・パチスロ依存症になって後悔し続ける人生から脱却するため、パチンコ・パチスロの呪縛から逃れるためにも、パチンコ・パチスロ依存症を学んでみてはいかがでしょう。

パチンコ屋

〇パチンコ・パチスロは最も身近なギャンブル?!

日本の何処にでも、パチンコ・パチスロ屋は存在しています。

だから、いつでも誰でも簡単に行くことができるのが、パチンコ・パチスロであり、一番依存症になりやすいギャンブルだといえます。

身近だからこそ危険度が大きく、毎日、パチンコやパチスロに行くことで、依存度が高くなり抜け出せなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

☆パチンコ・パチスロ依存に陥らない方法&脱却する方法

パチンコ・パチスロに依存していると感じている人は、早めにその依存から脱却した方がいいと思いますよ。

なぜなら依存度が高くなればなるほど依存からの脱却が難しくなるからです。

では、パチンコ・パチスロ依存に陥らない方法や脱却するための方法を紹介していきます。

スロット

〇パチンコ・パチスロ依存に陥らない方法

・お金を引き出しにくくする。

現金を簡単に引き出すことができれば、ちょっとした暇な時間があれば、簡単にパチンコ・パチスロに行くことができます。

だから、キャッシュカードなどで簡単にお金を引き出せなくしておくことも、依存から脱却するために大切なのです。

そして、パチンコやパチスロをしているときに負けてしまって、そのままキャッシュカードで現金を引き出すという経験をしたことがある人も多くいると思います。

そんな時にキャッシュカードが無ければ、多くの人は諦めることができます。

お金を引き出すことが簡単にできなくするだけでも、パチンコ・パチスロから遠ざかることができるのですね。

・欲しいモノをリストにする。

パチンコ・スロットに依存している人は、お金があれば、パチンコ・スロットに使うことを考えてしまいます。

基本、欲しいモノを考える前にパチンコ・パチスロに使ってしまうのですね。

だから、欲しいモノをリストにして、お金の使い道を考えることで、無駄にパチンコ・パチスロに使わなくてすむようになるのです。

欲しいモノがあれば、お金を貯めようとすると思いますし、節約しようと思いますよね。

・暇な時間を作らない努力をする。

暇な時間ができるとパチンコ・パチスロに行くという人も多いのではないでしょうか?

そして、暇な時間が多くなることで、パチンコ・パチスロに行く回数が増えて依存度がアップしていくのです。

だから、パチンコ・パチスロ依存にならないためには、暇な時間を作らないことが大切なのですね。

仕事終わりや休みの日の予定を決めて暇な時間を作らないことが、パチンコ・パチスロ依存に陥らないための一歩になるのですよ。

・勝てないことを理解する。

勝てないとわかっているけど、もしかしたら勝てるかもしれないと思う気持ちが強くありませんか?

たまに勝つことで、勝てる気がするという人も多くいると思います。

そして、自分だけは勝てるかも?!明日は勝てるかも?!と自分にとって都合のいいように考えてしまうものです。

しかし、後で詳しく説明しますが、パチンコ・パチスロは、基本、勝てません。

きちんと勝てないことを早めに理解することで、パチンコ・パチスロに依存に陥らなくてすむようになるのです。

パチンコ

〇パチンコ・パチスロ依存から脱却する方法

・本気で辞めたい理由をみつける。

パチンコ・パチスロは、酷く負けた時には辞めようと思うのですが、次の日になると忘れてしまうのです。

そして、また行って勝ったら辞めようと思わなくなります。

負けて辞めようとしても、また行ってしまうという負の連鎖になっていませんか?

パチンコ・パチスロ依存症になってしまえば、安易に辞めようとしても簡単に辞めることはできません。

負けたときの一時の気持ちで辞めようとするのではなく、本気で辞めたい理由をみつけて、本気で辞めると決めることが大切なのですよ。

・自分が病的だと自覚する。

パチンコ・スロットに依存している人の多くは、自分は病的だと気づいていません。

どれぐらいになれば病的な依存なのか?というラインは難しいですが、下記のようなことに当てはまると危険ですよ。

1.パチンコ・パチスロのために使ってはいけないお金を使ったことがある。
2.決めた予算を上回ってパチンコ・パチスロをすることがある。
3.嘘をついたり、約束を破ったりしてパチンコ・パチスロに行くことがある。
4.借金をパチンコ・パチスロで勝って返済しようと思っている。
5.パチンコ・パチスロに行けないとイライラする。
6.何度もパチンコ・パチスロを辞めようと思ったが辞められない。
7.お金を借りてまでパチンコ・パチスロに行くことがある。

パチンコ・パチスロに病的に依存していると自覚することで、きちんと対処をすることができます。

早めに気づいて早めに対処することで、パチンコ・パチスロ依存から脱却することができるのですね。

パチンコ・パチスロ依存に陥らない方法&脱却する方法には、こんな方法があるのですね。

しかし、まだパチンコ・パチスロで稼げると勘違いして、依存し続ける人がいるかもしれませんので、パチンコ・パチスロで勝てないことを説明しておきます。

損をする

〇パチンコ・パチスロは、基本、損をする?!

誰もが負けようと思って、パチンコ・パチスロをするわけではありませんが、ほとんどの人が負けてしまいますし、負け続けているのです。

その現実から目を背けて、パチンコやパチスロで儲けたという話を見聞きすることがあるかもしれませんが、基本、パチンコやパチスロで勝ち続けることはできません。

しかし、台選びや設定判別などで、勝つことができると思っている人もいるかもしれませんが、本当に勝ち続けることができると思いますか?

メチャメチャ努力をすれば、もしかしたら儲けることができるのかもしれません。

いろいろなお店を見て回り、台選びをしてデータを取り、多くの時間を費やし、大切なお金をつぎ込むことで、勝てるようになるかもしれませんが・・・。

その努力を違う場所へ向ければ、もっと稼げると思いますけど・・・。

もし、パチンコ屋が、非営利団体であるNPOであれば、損をしてでもお客様のためにと思うかもしれませんが、パチンコ屋は営利目的の企業であり、パチンコ屋が稼ぐためにパチンコやスロットをお客へ提供しているのです。

だから、基本、お客が勝てる可能性が無いということなのです。

そして、パチンコ・スロットの台は、とても高額であり、建物代や水道光熱費、人件費など多くに費用がかかっています。

その費用も、お客が払うことになりますので、パチンコ屋の費用や儲けを考えると、絶対にパチンコ・スロットで勝てないことが理解できると思います。

そして、パチンコ・パチスロは、お金を損して失いますが、それ以外にも多くのモノを失うこともあることを知っていますか?

〇パチンコ・パチスロに依存すると他のモノも失うかも?!

パチンコ・パチスロで損をするのは理解できたと思いますが、パチンコ・パチスロで失っているのは、お金だけじゃないことを理解しているだろうか?

パチンコ・パチスロに依存することで、誰にも平等に分け与えられている大切な時間も失っているのですよ。

そして、家族や友人、仕事場の人などの信頼を失うこともあります。

パチンコ・パチスロ依存症になれば、使ってはいけないお金を使ったり、嘘をついたりと信頼を失うことがわかっているのに、パチンコ・パチスロのために信頼を失うことをしてしまうのです。

パチンコ・パチスロに依存するとお金だけではなく、多くのモノを失うことになるのですね。

超危険

〇パチンコ・パチスロ依存症は超危険!?

病的にパチンコ・パチスロに依存している場合は、パチンコ・パチスロ依存症です。

パチンコ・パチスロ依存症になれば、借金をしてまでもパチンコ・パチスロに行くようになり、借金地獄に陥る可能性もあります。

そして、家庭崩壊・一家離散などの事態を招く可能性もあり、最悪、借金を苦に自殺という結末に陥る方もいるようです。

パチンコ・パチスロを、お小遣いの範囲の金額で遊戯として楽しむのならいいかもしれませんが、依存していると思う人や使ってはいけないお金を使ってしまったことがある人は、依存が酷くなる前に対処しましょう。

パチンコ・パチスロ依存症などのギャンブル依存症には完治は無いといわれています。

だから、一生戦い続ける必要がある超危険な病気なのです。

パチンコ・パチスロに依存していて、自分ではどうしようも無いと思う場合は、早めに専門の機関(病院)に相談しましょう。

→ 実に恐ろしいギャンブル依存症、日本はギャンブル依存症の危機!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク