笑うのもいいけど、泣く方がストレスを解消する効果があった!?泣く効果は凄いかも?「涙活」始めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泣く効果
最近、涙を流したことがありますか?

う~ん、考えてみると大人になってからは、涙を流す機会が減ったように思いませんか?

子どもの時は、素直に泣けたけど、大人になると涙を流すことは減り、特に人前で涙を流すなんて恥ずかしくてできない!そんな風に思っている人も多くいると思います。

さて、人はどんな時に涙を流すのでしょうか?

〇1つ目は、物理的な刺激によるものです。

普段分泌している涙には、目を細菌や乾燥から守る防御壁としての役割があります。大切な目に砂などの異物が入ったときに異物を排出するために、涙を流します。

〇2つ目は、感情の高ぶりによるものです。

私たち人間は、悲しいときや嬉しいときなど、感情が高ぶった際に涙を流すのですね。

なぜ感情が高ぶった際に涙が流れるのかを考えたことがあるでしょうか?

意味なんて無い?いえいえ!涙が流れる意味(効果)はあるようです。

泣く

スポンサーリンク

☆「涙」の効果

〇ストレス解消効果

辛く悲しいときに思いっきり泣くことでスッキリしたという経験はありませんか?

どうして涙を流したことでスッキリしたのでしょうか?

実は、感情により流す涙には、プロラクチンなどのストレス物質が含まれており、涙と一緒にストレス物質を排出することで、ストレスを解消することができるのです。

ちなみに、目を潤すための基礎分泌の涙や、タマネギを切った際に流す角膜保護の涙には、ストレス物質が含まれていないため、ストレス解消効果はありません。

〇リラックス効果

人間の身体には、“交感神経”と“副交感神経”という自律神経が備わっています。

昼間など活動中のときは、緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態で、集中力もアップします。

また、リラックスや眠りについたときは副交感神経が優位な状態に切り替わります。

一日中興奮状態で、ずっと交感神経が優位な状態でいるとしたら、とても疲れてしまいますよね。

人間には、自然と交感神経と副交感神経のスイッチが切り替わる機能が備わっています。

ところが、現代社会においては、私たちはとても忙しく、過労やストレスが原因で、交感神経が優位な状態が長くなってしまいがちです。

睡眠以外で交感神経から副交感神経へとスイッチを切り替える方法が、“感情の高ぶりによる涙”なのです。

泣くことでスッキリできたのは、涙を流したことで交感神経から副交感神経へと切り替わり、

身体の緊張がほぐれることでリラックスができたからなのですね。

なんと“感情の高ぶりによる涙”には、ストレス解消とリラックス効果があるのです。

泣くのを我慢するのはダメ

〇泣くのを我慢するのはよくない?!

大人になれば、泣くことを我慢してしまいますが、泣くのを我慢するのは、あまりよくないことなのです。

では、泣くのを我慢することでどのような悪影響があるのでしょうか?

まず考えられるのが、ストレス解消ができないため、ストレスをどんどん溜めこんでしまいます。

交感神経の優位な状態が長くなり、緊張状態が続き、高血圧やうつ病などになる危険性も高まります。

涙を流すことは、健康のためにもよいことですので、我慢せず、リフレッシュ方法のひとつとして考えてほしいですね。

子供泣く

そして、子どもがおもちゃを買ってほしくて、駄々をこねて泣いてしまって困ったことはありませんか?

親なら我慢させたいと思うと同時に、なんだか悪いことをしているような気になり、周りの目が気になりますよね。

しかし、子どもにとって涙を流す行為こそが、ストレス解消ですので、おもいきり泣いてスッキリさせてあげましょう。

〇笑うよりも泣く方が、ストレス解消効果が高い!

笑うことは、免疫力を高め健康につながるといわれていますので、笑うことは、とても良いことなのです。

笑うことで幸せになれる!さらに健康にもなれる?!ネットのサイトや動画で笑ってみてはいかが?!

「泣く」ことと「笑う」ことを比較してみると、笑う方がポジティブなイメージがしますし、前向きでやる気が出そうに思えます。

しかし、ストレスを解消するという意味では、泣くことの方が、より効き目があることは、多くの実験で立証されているのです。

無理に笑おうとするよりも、思いっきり泣いてストレスを解消した方がいいのです。

今、ストレスを溜めて疲れている人は、おもいきり泣いてストレスを解消し、そして笑顔で前向きにやる気を引き出した方がいいのですね。

涙活

「涙活」をしてみませんか?

最近、流行りの「涙活」ってご存知ですか?

涙を流すことがストレス発散、リラックス効果があることはわかりましたが、いざ泣こうとしても簡単に泣けませんよね。

健康にいいからって、何でもないときや職場などで、いきなり泣き出したら、周りの人は困惑してしまいます。

涙の効果に注目し、意識的に涙を流すことでストレス解消を図る活動のことを「涙活」といいます。

泣ける映画や朗読を聞いて涙を流す「涙活イベント」が開催されるなど、「涙活」は注目されてきているのです。

思う存分泣いて、心身ともにリフレッシュしましょう♪

〇泣ける動画を紹介

【厳選】何度観ても泣ける動画まとめ【涙腺崩壊】 – NAVER まとめ

これは泣ける!「感動動画」5選

〇泣ける本を紹介

感動して泣ける本ランキング17!

【名作選】本気でおすすめの泣ける感動小説20選

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク