服装の色で性格や心理がわかる?!服装で相手に与える印象が超変わるかも?!服装の選び方で人生が豊かになる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

服装の色の効果
服装に気を使う人もいれば、気を使わない人もいると思います。

そして、日々の服装を何気なく選んでいる人もいれば、毎日の装に拘る人もいますよね。

そんな服装ですが、性格や心理状況によって選んでいると言われているのですよ。

そして、服装によって相手に与える印象がかなり変わってしまうことをご存知でしょうか?

たかが、服装だと思っていた人もいるかもしれませんが、服装が与える印象などを知っておけば、いろいろと上手くいくかもしれませんよ。

服装

では、服装のことを学んでいきましょう。

☆服装でわかる性格と心理状況?!

服装によって、性格や心理がわかれば、その人への対応を考えることができますよね。

だから、服装によって対応を変えることで、いろいろなことが上手くいく可能性が高くなるのです。

そして、服装でわかる性格や心理ですが、服装の種類などによっても変わるのですが、服の色によって読み取ることができるのです。

では、服装の色でわかる性格や心理状況について紹介していきます。

・白色の服装

白色は、素直になりたい、前向きになりたいというときに選ぶことが多い色です。
そして、白色は清楚で飾らない性格の持ち主が好む色です。

・黒色の服装

黒色は、強く見せたい、知的でクールに見せたい、頑張るときに選ぶことが多い色です。
そして、黒色は孤独を好み意志が強い性格の持ち主が好む色です。

・赤色の服装

赤色は、刺激が欲しいときや元気を出したい、今日が勝負というときに選ぶことが多い色です。
そして、赤色は積極的でエネルギッシュで野心を持つ性格の持ち主が好む色です。

・青色の服装

青色は、冷静になりたい、感情をコントロールしたいときに選ぶことが多い色です。
そして、青色は慎重で落ち着きがあり協調性のある性格の持ち主が好む色です。

・緑色の服装

緑色は、疲れているときや癒されたいときに選ぶことが多い色です。
そして、緑色は穏やかでサービス精神のある性格の持ち主が好む色です。

・黄色の服装

黄色は、充実しているが自分を理解してほしいときに選ぶことが多い色です。
そして、黄色はお調子者で開放的な性格の持ち主が好む色です。

・茶色の服装

茶色は、なんとなく気分が乗らないというときに選ぶことが多い色です。
そして、茶色は物事を冷静に判断し倹約家な性格の持ち主が好む色です。

・ねずみ色(グレー)の服装

ねずみ色は、不安定な気持ちのときや神経質になっているときに選ぶことが多い色です。
そして、ねずみ色は控えめで誰にでも合わせることができる性格の持ち主が好む色です。

・桃色(ピンク)の服装

桃色は、誰かに甘えたいときや現実逃避したいときに選ぶことが多い色です。
そして、桃色はマイペースで優しく、甘えん坊な性格の持ち主が好む色です。

このように服装の色によって性格や心理状況がある程度わかると言われているのです。

服装の柄

そして、服装の柄でも心理がわかると言われています。

小さな花柄は優しいロマンティスト、大きな花柄は明るくて個性的。

チェック柄は、礼儀正しく、知的でプライドが高い。

アニマル柄は、自分が大好き、目立ちたがり屋。

キャラクター柄は、負けず嫌いで野心家。

こんな感じで服の柄によっても、性格や心理状況がある程度わかると言われているのですね。

そして、知らず知らずの間に服装によっていろいろな印象を与えているのです。

○服装で与える印象を知ろう!

特に第一印象は大切であり、その第一印象を良くするためにも服装で与える印象を知ることが大切なのです。

基本、良い印象を与えるためには、清潔感のある服装であることが大切ですが、それ以外にも服装によって与える印象が変わるのです。

露出が多い服装だとセクシーな印象ですし、スカートを穿いていると女性らしい印象です。

また、スーツを着ている人はきちんとした人だと多くの人が思いますが、このように服装で印象が変わりますよね。

このように服装によって印象が変わるのですが、服装の色によっても印象が変わります。

色によって性格や心理状況がわかると説明しましたが、色によって与える印象も変わるのですね。

では、服装の色が与える印象を簡単に紹介しておきますね。

色

・白色
・良い印象「清潔」「純真」「潔白」・悪い印象「冷淡」「薄情」

・黒色
・良い印象「安定」「威厳」「高級」・悪い印象「陰気」「孤独」「絶望」

・赤色
・良い印象「情熱」「 勇気」「積極性」・悪い印象「怒り」「争い」

・青色
・良い印象「安定感」「誠実]・悪い印象「冷酷」「寂しさ」

・緑色
・良い印象「癒し」「安らぎ」「若々しさ」・悪い印象「保守的」「未熟」

・黄色
・良い印象「元気」「愉快」・悪い印象「不安」「軽率」

・茶色
・良い印象「温和」「堅実」・悪い印象「頑固」「地味」

・ねずみ色
・良い印象「上品」「落ち着き」・悪い印象「曖昧」「無気力」

・桃色
・良い印象「優しい」「幸福」・悪い印象「幼稚」「不安定」

このように色によって印象が変わり、同じ色でも全く違う印象もあるのですね。

だから、色の良い印象を上手く使うためにも、色だけではなく他の部分でも服装で与える印象を考える必要もあるのです。

服装の効果

そして、服装での性格や心理、与える印象は傾向であって必ずというわけではありません。

そのことを理解した上で、服装で相手の性格や心理、与える印象を考えてみてはいかがでしょう。

そうすれば、いろいろと上手くいくかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク