ことわざの「鶴は千年、亀は万年」は本当なの?長寿で有名な鶴や亀よりも長生きな動物は存在する?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「鶴は千年、亀は万年」という有名なことわざがありますが、皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

このことわざは、鶴は千年生きる、亀は一万年生きるという、言い伝えから来ており、長寿を祝う時に使用される、縁起の良いことわざです。

また、鶴と亀は長寿の象徴として使われることもあるのですが、鶴と亀は、本当はどれぐらい長生きできる動物なのでしょうか?

では、まずは、鶴の寿命について紹介していきます。

〇鶴の寿命は意外と短い?!

鶴は千年といいますので、非常に長寿な動物だと思っているかもいれませんが、日本に生息している自然に生息しているタンチョウ鶴の寿命は、20~30年となっています。

また、動物園で飼育されているタンチョウは長生きしますが、それでも50~80年しか生きていません。

だから、長生きとして知られている鶴ではありますが、意外にも思ったほど寿命が長い動物ではないのです。

しかし、鶴は鳥類の中では長寿な動物であり、日本でよく見かけるカラス、スズメが10~20年しか生きないことを考えると長生きなのです。

人の寿命を基準にすると、そこまで長生きではないかもしれませんが、鳥の寿命を基準にすると長寿だったのです、「鶴は鳥の中では長寿!」ということなのですね。

鶴が思っていたよりも寿命が短かったという人も多いのではないでしょうか?

そして、次は亀の寿命について紹介していきます。

〇亀は寿命が長いが1万年は生きない!

亀は長生きだと言われているとおり、ゾウガメは100~200年と生きることがしられている長寿な動物です。

ことわざの様に1万年生きることはありませんが、ゾウガメは動物の中でも長く生きることができる動物なのですね。

だから、人間よりも長く生きることができる亀は、長寿の象徴としてふさわしい動物だということです。

しかし、日本でよく見かける、ミドリガメの寿命は、約30年と言われており、亀は種類によっては人間よりも長く生きることができないのです。

ただ、亀を子どものころから飼育すると30年も生きますので、長く生きていると感じると思いますが・・。

そして、現在の人間の寿命は他の動物と比べて長寿な存在なのですよ。

〇人間は長寿な動物?!

私たち人間を基準にすると、多くの動物が短命の動物だということになり、人間は寿命が長い動物なのです。

人間の近くの存在である犬や猫の寿命ですが、種類によっても違いますが、犬の寿命は12~15年と言われていますし、猫の寿命は、12~18年と言われています。

他にも、馬の寿命は、25~30年。牛の寿命は、18~22年。ウサギの寿命は、3年程度。

そして、百獣の王であるライオンの寿命は、10~14年。なのです。

このように他の動物と比べるとわかると思いますが、人間は長寿な動物なのですね。

日本人の平均寿命といえば、約80歳となっていますが、80歳まで生きている動物は非常に少ないのです。

しかし、昔は、人間は動物の中で長く生きる分類ではなかったようです。

人が現在のような文明を持っていなかった縄文時代の、平均寿命は約15歳ほどであったとも言われており、人間は他の動物と比べても長寿ではなかったのですね。

だから、縄文時代を基準にするのではあれば、鶴よりも短命だった人が多く、ミドリガメも鶴も長寿な動物といえたのですね。

人間がこれほどまでに長寿になったのは、技術に発達により、安定した栄養補給や病気によって死ぬことが少なり、若い時に死ぬことが少なくなったためだと思われます。

人間は長く生きることができる動物ではありますが、現在の人間の寿命は、文明の進歩が非常に関係しているのです。

長生きしたい方は、文明の進歩に感謝しなくてはいけませんね。

そして、人間よりも長く生きても、人間よりも短い寿命であったとしても、鶴と亀が長寿の象

徴であることは変わりませんけど、長寿な動物を知っておきませんか?

○鶴や亀より長寿な動物も知っとく?!

長生きの象徴と言われる鶴や亀よりも、長寿な動物は存在します。

アイスランド近海の北極海で獲れるアイスランド貝は、400年程度の寿命があると言われています。

また、ベニクラゲというクラゲは、若返ることができるので理論上は、不老の動物ですし、ロブスターも内蔵が生まれ変わるので理論上は、寿命が存在しない動物なのです。

しかし、ベニクラゲもロブスターも他の生き物に捕食されるなどして、死んでしまいます。

そして、ゾウガメと同様の寿命を持っているといわれているニュージーランドだけに生息するムカシトカゲという動物もいます。

また、誰もが見たことのあると思う鯉は、200年以上生きた個体もいるそうです。ちなみに鯉の寿命は40~50年と言われています。

このように鶴や亀だけではなく、長寿な動物が存在しているのですね。

だから、もしかしたら、もっとベニクラゲなどの生き物が人間に近い存在であり、長生きだと知っていたなら、アイスランド貝は千年、ロブスターは万年、ベニクラゲは永遠・・。って、感じになっていたのかもしれませんね。(笑)

最後になりますが、なぜ、鶴は千年、亀は万年になったのでしょう?

「鶴は千年、亀は万年」の ことわざの由来は、古代中国の伝説だと言われています。

だから、「鶴は千年、亀は万年」は、実際の寿命ではなく伝説によって出来たことわざとうことなのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク