車の故障・トラブルが発生したらどうする?!もしもの車のトラブルに備えて知っておいた方がいいこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


車を利用することがある方の多くは、一度は急な車の故障やトラブルに遭遇したことがあると思います。

急な車の故障やトラブルにあったことが無いという方もいるかもしれませんが、車を持っている人であれば、誰でも急に車の故障やトラブルに遭遇する可能性はあるのです。

そして、急に車の故障やトラブルが発生したら、焦ってしまい間違った対処をすることもあるのです。

だから、車を持っている方は、車の故障やトラブルの対処方法を知っておくことも大切なのですね。

車の故障やトラブルに対処するためにも、まずは、よくある車の故障やトラブルについて知っておきましょう。

スポンサーリンク

☆よくある車の故障やトラブル

では、よくある車のトラブルについて紹介していきますね。

○よくある車の故障やトラブルの一番はバッテリー?!

車のトラブルで一番多いのがバッテリーに関する故障やトラブルです。

車を持っている人であれば、一度や二度は電気の付けっぱなしでバッテリーが上がってしまいエンジンがかからないという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

そんなバッテリートラブルの原因は大きく分けると3つあります。

バッテリー関連の故障が原因、バッテリーの寿命が原因、人為的なミスや点検ミスが原因の3つです。

バッテリーは、エンジンの回転によって電気を発生させて充電しますが、その部分が故障すれば充電しなくなるのでバッテリーが上がってしまってエンジンがかからないなどのトラブルが発生するのです。

そして、バッテリーには、寿命があり、何度も充電を繰り返すとバッテリーの寿命が尽きるのです。

バッテリーの寿命はメーカーにより基準が違いますが、バッテリーの交換目安は保証期間である2~3年です。

だから、バッテリーの寿命がきたら故障やトラブルが発生するのですね。

しかし、ほとんどのバッテリーは、保証期間よりも長く4~5年程度は問題なく使えることが多いのです。

また、人為的なミスに関しては、ルームランプやヘッドライトなどの電気の消し忘れによってバッテリーが上がる。また。点検ミスによって、バッテリー端子部分が緩んで外れているなどがあります。

いろいろなことが原因でバッテリーが上がってしまい、車のエンジンがかからないというトラブルに遭遇する可能性があるのですね。

○他にも車のトラブルはあるよ。

そして、車のトラブルと言えば、他にもタイヤのパンク、インロック(キー閉じ込み)があります。

タイヤのパンクの原因は、タイヤに釘などが刺さり空気が抜けてパンクするだけだと思っているかもしれませんが、それだけが原因ではありません。

タイヤはゴムで出きています。だから普通のゴムのように硬化、劣化をしますので、古くなるとひびが入り、最終的には裂けてバースト(破裂)してしまう場合もあります。

タイヤのトラブルは、大きな事故の原因になる場合もありますので、バースト(破裂)して事故しないためにも、タイヤの溝が残っていても、ひび割れなどがあれば早めに交換することが大切です。

そして、インロック(キー閉じ込み)の原因は、カギを車内に残して、ドアロックをしてドアを閉めてしまうというような人為的なうっかりミスがほとんどです。

しかし、スマートキーの車両が増えてきてインロックも減ってきましたが、スマートキーでもインロックしてしまう場合があるようです。

スマートキーの電池がなくなりかけての誤作動や装置の故障などが原因でインロックしてしまうこともあるようなのです。

だから、スマートキーであっても、きちんと鍵を確認してからロックするようにした方がいいのですね。

そして、車のトラブルは季節によっても起こりやすいトラブルが変わるのです。

夏であれば、エアコンやオーバーヒートなどのトラブルが多くなりますし、冬は、バッテリーや落輪などのトラブルが多くなるのです。

では、車の故障やトラブルに遭遇したときの対処方法を知っておきましょう。

○車の故障やトラブルに遭遇したときの対処方法

このような車の故障やトラブルに遭遇した場合には、どうすればいいのかを知っているでしょうか?

まずは、一度、落ち着いて状況を把握しましょう。もしかしたら簡単に自分で対処できるかもしれないからです。

エンジンがかからないときには、いろいろなことを疑うべきですが、オートマチック車であれば、パーキングにしないでエンジンを切ってしまいニュートラルでエンジンをかけようとしてもかからないということがあります。ちなみに私は経験者です。

その時は焦ってしまいましたが、パーキングにしてエンジンをかければかかりますので、大丈夫ですよね。

落ち着いて状況を把握して、自分で簡単に対処できない車のトラブルに遭遇したときには、基本は、ロードサービスを頼むことになります。

しかし、ロードサービスには、JAFと保険会社のロードサービスが存在していますので、簡単に比較しながら紹介していきますね。

○車の故障やトラブルに対処するためにロードサービスを学ぼう。

ロードサービスには、JAFと保険会社のロードサービスがあり、基本的に同様のサービスを提供されています。

JAFのロードサービスは、非会員でも利用することができますが、非会員の場合は、サービスによってそれなりの料金が発生しますが、会員になっていれば、あるていどのサービスは無料ですし、たとえ料金が発生しても安くてすみます。

基本、JAFは、誰でも使えるサービスなのですね。

そして、自動車保険のロードサービスは、自動車保険に車を登録し加入することでサービスを利用することができます。

だから、JAFのロードサービスの対象は「人」であり、保険会社のロードサービスの対象は「車」なのです。

だから、もし他人の車を運転していたときに車のトラブルが発生しても、あなたが契約している保険会社のロードサービスは利用することができません。

なぜなら、保険会社のロードサービスの対象は「車」であり、保険の契約をしている車が対象だからですね。

そして、保険会社のロードサービスは、保険会社によってサービスの内容が異なりますので、自動車保険に加入するときにきちんとロードサービスの内容を理解することが大切なのです。

では、どんな人がJAFの方が良くて、どんな人が保険会社のロードサービスが良いのかについて説明してみますね。

他人の車を運転する機会が多いという方や保険にロードサービスが付けていない方は、JAFの会員に加入した方がいいと思います。

そして、他人の車を運転する機械がないという方は、ロードサービスが充実している保険会社を選びJAFには加入しないでいいと思います。

保険会社のロードサービスについて把握していないという方も多いと思いますので、一度、きちんと保険会社のロードサービスについて調べておいた方がいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク