ヘルメットの安全性はマークによって変わる?!万が一のことを考えてバイクのヘルメットを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バイクを乗っている方やこれから乗りたいと思っている方は、バイクで颯爽と走っている良いイメージばかりかもしれませんが、最悪の事態であるバイクで事故をしてしまったときのことを考えておく必要もあるのでは?

そして、バイク事故での死亡原因となる可能性が最も高い頭部への怪我のことを考えておく必要があり、バイクに乗るときには、ヘルメットによって頭部を保護することが大切ですよね。

そんな頭部を守るのに役立つヘルメットですが、ヘルメットに表示にされている安全マークを理解していますか?

バイクを乗る方は、安全性を高めるためにもヘルメットに表示されるマークを理解してヘルメットを選んだ方がいいと思いますよ。

○ヘルメットに表示されているPSマークとSGマークとは?

ヘルメットのマークのことなんて気にしたことがないという方もいるかもしれませんが、日本で販売されるヘルメットの多くには、PSマークと一緒にSGマークが表示されています。

PSマークとSGマークが一緒に表示されていることが多いので、なにが違うのか?気になっていたという人もいるのではないでしょうか?

まず、日本でバイク用のヘルメットとして販売するためには、PSマークが必要なので、PSマークが付いているということは、バイクのヘルメットとして最低限度の安全性があるという証明なのですね。

もしPSマークが付いていないヘルメットがあれば、バイクの乗車用ヘルメットではありません。

PSマークが付いていないヘルメットは装飾用などで販売されることもありますが、バイクに乗るときに装着してはいけないのですね。

また、SGマークは任意の制度であり、製品安全協会が定めている安全基準に合格していることを示しているヘルメットだということになります。

そして、SGマークが付いているヘルメットの場合は、欠陥による事故が生じた場合には補償してくれるのです。

PSマークは、最低限の安全性が保障されているマークであり、もう少し安全性が高いのがSGマークという感じなのですね。

PSマークやSGマークが表示されていれば、ある程度の安全性が証明されているのですが、もっと安全性が高いヘルメットを購入したい場合には、他の規格も参考にしましょう!

○PSマーク・SGマーク以外の規格も確認しとく?!

安全性が高いヘルメットを購入したいと考えているなら、JISマークが付いているヘルメット選んだ方がいいのです。

JISマークとは、日本工業規格に従って生産された商品であることを示しており、製品安全協会(SG)の安全基準よりも安全基準が高くなっているのですね。

だから、JISマークがついた商品は、SGマークがついた商品よりも安全性が高くなりますが、値段も高くなる傾向が高いです。

しかし、命を守るためのヘルメットなので、できればJISマークがついている商品を選ぶことをお勧めします。

また、SNELL規格は、JISよりも安全基準が厳しいことが知られており、より安全性が高いヘルメットを選ぶ場合の判断材料にするとよいでしょう。

SNELLは、耐衝撃性と耐貫通性を重視して試験を行っており、非常に審査が厳しいので安全性が高い証明なのです。

そして、MFJ公認というものもあるのですが、MFJ公認は「強度規格」ではありません。

MFJ公認は、レース用ヘルメットとして公認されているだけなのですね。

バイクに乗るためには、PSマークがついているだけのヘルメットでも律上は問題ないのですが、頭部を守るためには、より安全基準の高い規格に合格したヘルメットを選ぶことも大切なのではないでしょうか。

そして、ヘルメットは、いつまでも同じ安全性能ではないのですよ。

○ヘルメットは年数がたったり衝撃を受けたりしたら買い替えるべき!?

バイクのヘルメットは、中の緩衝材が潰れて衝撃を吸収することによって、頭部へのダメージを軽減してくれるのです。

ヘルメットに強い衝撃を受けても、ヘルメットの外側は、強度の高い素材を使用しているため、傷がついても見た目的には変化がでないことが多いのですが、強い衝撃を受けたヘルメットは、中の緩衝材が潰れて安全性が低下する場合があるのです。

だから、一度でも、ヘルメットに強い衝撃を受けた場合は、ヘルメットの安全性が低下して衝撃を吸収しきれない可能性が高くなるのです。

見た目的には、問題がなくて、もったいないと思うかもしれませんが、ヘルメットの安全性は命に関わる可能性が高いので、ヘルメットに強い衝撃を受けた場合には、ヘルメットを買い替えることをお勧めします。

また、ヘルメットの素材は、経年劣化により安全性が低下するので、使用後3年を目安に交換すると良いとされています。

さらに、安全性を求めるならフルフェイスのヘルメットがオススメです。

フルフェイスであれば、顎から頭部全部を保護できるからですね。

バイクに乗る方は、安全を基準にヘルメットを選ぶことも大切だと思いますよ。

そして、ヘルメットと言えば、自転車のヘルメットも安全規格を確認した方がいいかもしれませんね。

そして、バイクに乗るときには、ヘルメット以外にも安全対策をした方がいいのです。

○ヘルメット以外の安全対策もしてみる?!

バイクで転倒したときのことを考えると、肌の露出はできるだけ避けた方がいいのですね。

手袋・長袖・長ズボン・バイクシューズ、そして、厚手の方が安全ですね。

そして、バイク用のエアバックも存在しているのです。

万が一の転倒時にことを考えて、バイク用のエアバックを着用することも安全対策になりますね。

バイクは、とても楽しく素晴らしい乗り物ですが、とても危険な乗り物にもなります。

だから、もしものときのことを考えて安全対策をしましょうってことですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク